男たちを弄んだ「かぐや姫」が犯した本当の罪 | 日本人が知らない古典の読み方 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

月は、地球上に生命活動を営む人類にとって最も身近な天体だ。東西南北の人々を照らし続けるだけでなく、ときに人類の想像力を掻き立てる。実際、さまざまな作品の中で、たびたび登場する重要な要素として取り上げ…

ツイッターのコメント(31)

この記事面白かった。語り口が好き。
かぐや姫👸月に帰ったらなにしてるの?
現代風の解釈が面白い
え?何ナニ?
後で読む🌙✨
すんばらしい記事だった。
感動😳✨✨✨
今回のもすごい!!!
三穂津姫も出てくるので、常蛾の話も混じっていると考える方が、無難。不死の薬の独占が罪>
 
PR
PR