TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 女性蔑視主義者「...

女性蔑視主義者「インセル」のヤバすぎる主張 | ニューズウィーク日本版 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

21コメント 登録日時:2018-05-08 01:51 | 東洋経済オンラインキャッシュ

多民族国家であるカナダでは、このような事件が起こった場合、犯人の民族的・宗教的バックグラウンドが軽率に取りざたされることはまずない。今回の容疑者アレク・ミナシアン(25)についても、SNSのコメントなど…...

Twitterのコメント(21)

@Harukatory @YtKFXZexXyX4G18 味噌はミソジニーでおっけーです。
インセルは海外の弱者男性のような・・・弱者男性の怨念のような・・・よかったら記事をどうぞ。
日本は後10年後位か?
親が死んでからが本格的にヤバいと思う。
インセルに関する記事は日本語でもけっこう出ています>>  @Toyokeizai
ミソジニーが熟成、っつうか腐るとこんなことに・・・
女性蔑視主義者なら「あるいは」やのうて「かつ」とちゃうか?
『インセルとは、恋愛および性的なパートナーが見つからない、あるいは自身に性体験のない原因が女性にあるとする男性たちだ。パートナーを持ち、ふつうの性生活を送る女性たちをみな娼婦のようにみなし』
吐き気する。映画ガープの世界で色んな洗礼を受けたのでミソジニーもミサンドリーも💩だと思う。
@SatsukiLaw 日本のみならず、北米や欧州でも、そういう現象は起きています。
@hizukitw 女性専用車両に乗り込んで問題を起こすところなんてマサにインセルの暴挙ですよね。
沢山の人が認識しますように!
カナダで"インセル"が問題とされているようだ。
こういうのは、どの国でもあるような気がする。
日本にもこういうやつ多いよね
やば
我もさすがにこれは引くわ
逆に全くモテない女性もいると思うんだけど、そっちは大丈夫なの?
日本にもまんまんうるさい男いるよなぁ
20年以上前、「不本意な禁欲主義者(involuntary celibate)」という言葉を考案したのは、奇しくもあるカナダ人女性だった。ところが、この言葉が勝手にincel「インセル」と縮められ... / “女性蔑視主義者「イ…”
アメリカのネット社会も日本と変わらんな
以上

記事本文: 女性蔑視主義者「インセル」のヤバすぎる主張 | ニューズウィーク日本版 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事