TOP > 政治・経済 > 昆虫農場は世界の「タンパク質危機」を救うか | ロイターコラム | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

昆虫農場は世界の「タンパク質危機」を救うか | ロイターコラム | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

16コメント 登録日時:2018-04-25 03:27 | 東洋経済オンラインキャッシュ

バンクーバー郊外の倉庫に10段も積み上げられた大きなアルミ容器のなかで、ミズアブの幼虫が何層にも重なってうごめいている。固くなったパンや腐ったマンゴー、熟しすぎたマスクメロン、しおれたズッキーニが幼虫…...

Twitterのコメント(16)

世界では、昆虫テクノロジー企業が活発になってきた。この手の情報が日本語で入るようになってきたのもそのことが伺える。そして現在の課題が危機に瀕していることがわかる。

グローバル規模でソーシャルインパクトを...
@esuchan426 知らない人多いけどこれが現実😰
閲覧注意(虫の写真)→
家畜の飼料としてなら、昆虫も受容できる。(笑)
食べ物を捨てまくっている日本にいると実感しないけど,こんなことを考えないといけないほど世界は切迫してきてるのか…
こういう食料事情の面とかAI、ロボッの普及をみてると人口減の国のほうが優位に立てる時期が来るのはそう遠くない気がするんだよな。
そもそも人口減だからといって経済成長しないってわけでもないし。
昆虫タンパクもビジネスになるかぁ。
資金調達できてるな。
| ロイター - 東洋経済オンライン
途中さり気なくコオロギdisられてて草草
| ロイター - 東洋経済オンライン
以上

記事本文: 昆虫農場は世界の「タンパク質危機」を救うか | ロイターコラム | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事