TOP > 政治・経済 > 価格差2倍も、欧州の鉄道「現金乗車」なぜ高い | 海外 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

価格差2倍も、欧州の鉄道「現金乗車」なぜ高い | 海外 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「ロンドンに行ったら、自由時間に地下鉄に1区間でも乗ってみようと思ったんです。でも、ちょっと乗るだけで800円近く取られるというのはひどいと思いませんか?」日本から添乗員付きのいわゆるパッケージツアーで…...

ツイッターのコメント(31)

ロンドンの地下鉄の運賃が高くなった理由がここに書かれている。
紙の切符を発行させず、オイスターカードで決済させた方がコストも抑えられ、エコになってる。まあ何でもフルサービスで物理的な物がないと不安になる年寄りには無理そうですが。
とうとう地下鉄もバスも「キャッシュレス」。よくよく考えると現金を取り扱わない方法は乗降時の精算時間を短縮できる大きなメリットがある。日本も見習うべき!
“多くの観光地で切符売り場やバス降車時の運賃支払いなどで混乱が起こっているようだ。ロンドンなど欧州で行われているような「手間のかからない乗客は安く乗せ、そうでない乗客からは割増を取る」といった制度は” / “価格差2倍も、欧州の…”
ところが、日本は外国人に対してバカみたいに安い金額で列車に乗せているのだ。
ロンドン地下鉄の「初乗り運賃が現金だとICカードの2倍」って価格差を指摘する記事。ロンドンでは「ICカードで初乗り約360円、現金で約700円、一日乗車券で約1700円」と運賃が日本の1.5倍な点を指摘しないから分かりづらい …
これは「手間賃の分を運賃に上乗せしている」という意味にもとれる。公式にはそうしたことはどこにも書かれていないが、係員配置の人件費、発券機能のついた販売機の設置コストなどを考慮すると、「差額」をつけるという発想は理解できなくもない。
考え方としてありかなと。/ 「いぶっていた」(→いぶかっていた?)、「ある意味フェアなオプションも存在する」が連続するなど、編集の粗は気になるところ。
人手不足の国は手間賃が必須になるだろうなー / | 経済ニュースの新基準”
東洋経済オンライン、2018.04.22
地元の人の足という考えからいけば正しいのかもしれないけど…
日本も海外観光客増やしてるから観光客の多い駅は人の手配が大変。 そういや明らかに観光中の親子のために、券売機でSUICAチャージ手伝ってあげたことあったな。 / | 東…”
全方位をケアしようとすると、どこかにしわ寄せがいくので提供コストがよりかかるところにより費用を負担してもらうというのはありかと。 / | 経済ニュ…”
観光客向けに全く逆方向の施策
電車だけじゃなくコンビニとかスーパーも現金決済すると割高になるようにすればいいんだろうね。混雑時の現金決済は本当にただの迷惑行為 。 / | 経済…”
それより、三鷹駅あたりでバスの前乗りと後乗りが混在しているのを何とかしてくれよ。 / | 経済ニュースの新基準”
飛行機乗ってくるんだからカードのデポジットくらいで騒ぐなよ。
| 経済ニュースの新.. -
他にも応用がききそう。

「手間のかからない乗客は安く乗せ、そうでない乗客からは割増を取る」
タージマハルの入場料はインド人か否かで異なる。アホな安売りをせずに済むのはマーケット感覚があればこそ/観光客の
日本でもこれやってほしい。
首都圏も関西圏も無人券売機や窓口に人集まりすぎ。
なんと合理的、、、
以上
 

いま話題のニュース

PR