メジャーの大舞台で「ゴミ」を拾った大谷翔平 | 日本野球の今そこにある危機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

米・大リーグのエンゼルス大谷翔平の大活躍に、野球ファンのみならず、日米の多くの人々が驚嘆の声をあげている。スプリングトレーニングでの成績から、彼の開幕後の投打での活躍を予測した人は少なかったのではな…

ツイッターのコメント(72)

自動車教習所の取材をしたことがある。「一番教えるのが難しいのはどんな人ですか」と聞くと「高校の野球部だね。高校野球の選手は”わかったか”と聞けば”はい”と大きな声で返事をする。何を聞いても”はい”だが、後でテストしたら何にも頭に入っていないことが多くて困るんだ」
>よく知られているように、大谷翔平は花巻東高校時代から、「マンダラチャート」などで自分の将来像をはっきり描いていた。そしてそれに向かって自分で努力する習慣が身についていた。
マンダラートな
この心がけは凄過ぎる‼️

ゴミを常に広い続ける事は中々難しいけど、道端にポイ捨てしない事は誰にでもできる。

運を味方につけて頑張ろう‼️

| 経済ニュースの新基準
「ごみを拾う」=「人が捨てた運を拾う」
深い。

今の活躍を支えるのは「メンタル」の強さ | 日本野球の今そこにある危機 - 東洋経済オンライン
今の活躍を支えるのは「メンタル」の強さ | 日本野球の今そこにある危機 - 東洋経済オンライン
私も運拾お
| 経済ニュース

少し長い記事ですけど、組織の中での人材育成の指南になると感じました。参考にさせていただきます。
実は、大谷翔平は意識してグラウンドのゴミを拾っている。-中略-彼自身はそれを「人が捨てた”運”を拾っている」と表現した。-
 
PR
PR