TOP > 政治・経済 > 日本の会社員がやたら疲れている根本的理由 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本の会社員がやたら疲れている根本的理由 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

大したことをしていないのに、なぜか仕事で疲れる。1日会社にいるだけでクタクタになる――。それはあなただけのことではありません。たとえば、養命酒製造が2017年に行った「東京で働くビジネスパーソンの疲れの…...

ツイッターのコメント(35)

"大事なことは、「好奇心を持って集中をしよう」ということ"
お風呂には入っている
フローについては、読んだことがある。ミハイチクセントミハイ。
何も残らないw
良い言葉。

「好奇心を持って集中しよう」

めも。
生産性向上って、本当にしなければならないことなのかな?と思いつつ。
この記事にあるような環境を整えられる企業ばかりなら良いんですけどね。「働き方改革」って、本当はこういうことをしないといけないんでしょうけれど、さて。
日本企業はだいたいピラミッド組織で、社員の大半は真面目だけど会社方針に納得して仕事をしてないのでフロー状態に入ることは稀
ほほう。なるほど。

→かつての部下「むぉおぁ、疲れた~」
かつての囲ノ丸(上司)「疲れるのは一生懸命仕事しているからデスよぉ、いいことじゃないすカ」
このやりとりが日に数回ありました。
おもしろい。やる気スイッチがONにするキッカケをどうするか。良いヒントですね。
>>
モチベーションが上がる要因がなさすぎるわけね。
これも会社のやり方にも原因があるだろう。
これだな(>.<)y-~ うりゃあ(°∀°)
❝「こんなに頑張っているのに結果が出ない」のではなく、「疲れているから結果が出ない」ということです(考えてみれば、当たり前のことですが)。❞
う~ん、なんかずれてる気がするのは私だけか?根本的理由が根本的でないぞ絶対。疲れるのはやりたくない仕事だからじゃね?もっと言えば就活システムに欠陥があることでしょ?

>
「ビジネスパーソンがいつ集中しているかという調査の結果なのですが、なんと会社にいる時間がいちばん集中力が低くなっていたのです」

闇が凄いw
日本人は集団で働くのが下手すぎるんだよ
google流の、フロー状態への入り方かー。

"「こんなに頑張っているのに結果が出ない」のではなく「疲れているから結果が出ない」"
シンプルに書いてあるけどこの記事の言ってることは正しい、そしてやるのはなかなか難しい
働き方改革だ~(^-^;
学生も社会人も関係なく題名は無視してとりあえず一読してみて欲しい。とてもよきかな。
なるほど。そりゃオレも疲れてるわけだ。
GDPが30年連続のG7最下位だっけか日本(-.-;)
ある意味ギネス記録だわ
海外と日本じゃ会社の作りが違うからな~(^^;)
① 体のエネルギー
② 感情のエネルギー
③ 集中のエネルギー
④生きることの意義からくるエネルギー
というものです。人間のエネルギーにはこの4つのレベルがある
うちの教室では、小学生に「個人のフロー」家族に「チームのフロー」を作っていきますよ!
以上
 

いま話題のニュース

PR