TOP > 政治・経済 > 落合陽一「人口急減はテクノロジーが救う」 | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

落合陽一「人口急減はテクノロジーが救う」 | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

47コメント 登録日時:2018-04-02 06:19 | 東洋経済オンラインキャッシュ

――20年後には団塊ジュニア世代が65歳以上になり、日本は深刻な人口減少と高齢化問題に直面します。どのような問題が起きてくるでしょうか。2040年ごろに高齢者数がピークを迎え、2050年ごろになると日本の人口が…...

ツイッターのコメント(47)

経験の無さを必死で想像で補おうとする姿が痛々しい
1つの大きな問題に対して最大公約数を探すのではなくて、多様な問題に対処する必要が出る。

| 経済ニュースの新基準
①はここに

落合陽一人口急減はテクノロジーが救う

解決には2つのアプローチ

1つは移民
1つは自動化・省人化

僕は後者を推している
海外から人を入れて定住させても、都市部への集中がさらに進むだけ

自動化によって解決できる問題にフォーカスするべき

なるほど続きは
東洋経済さんの“落合陽一「人口急減はテクノロジーが救う」”は読みやすいレベルに落として書いてあるので理解しやすかった.人口減は悲観する必要がなく、一人頭の生産性を増やすことが大切で,一人あたりの教育コストを増やすことで実現可能.
他の記事読んでも、落合陽一さんが言ってることは未来よりかすぐ起こることなんだと思う
少子高齢化だからこそ、テクノロジーがそれを解決する。 / (東洋経済オンライン)
そういう意味では、同じ東洋経済の記事でも落合陽一さんの方の言っている方が的を射ている。→海外から人を入れて定住させても、都市部への集中がさらに進むだけ。それよりも自動化によって解決できる問題にフォーカスするべき。
"テクノロジー自体は消費をしないから需要の問題は解決できない。でも労働がストック型になり人の労働時間が短くなれば、余暇が増えて需要を生み出していくだろう。"
>人口減はチャンスでもある
寧ろ、現在までが多すぎた感。
東京はまだ仕事は刺激的だが、文化は同じのばかりに、地方はどうかな、大阪は面倒だし九州は江戸時代だ
「人口急減はテクノロジーが救う」
@Toyokeizai
やれる、日本の底力を見直していこう!
人口急減はテクノロジーが救う!
*落合陽一さん|東洋経済オンライン
"プログラムの権利が個人に残るようになったら(過去に)書いた分だけ、ストックでおカネが入ってくるようになる。権利に対して対価を得る" / “ | 東洋経済オンライン…”
自らの「権利」が価値を持つ時代になる
こちら落合さんの話とも接触する話です。→
今の人口減少の速度とテクノロジーの発展スピードは比例してるのかな。
落合陽一さんは、テクノロジーを使って社会課題の解決をしたいのであれば、楽天的に見ている社会的心理環境そのものを改善しなければならないし、学校教育の段階からテクノロジー型問題解決思考を身につけさせるべきだと言っていると認識しました。
「人口が減少しているときに、テクノロジーで解決するのは自然なこと。」と記事にあるけど。そうか?テクノロジーだけでは解決できない問題の方が多いような気がします。テクノロジーへの過信といいとこどりだよな。
この人情報量がすごいししっかり考えてる人で発言が的確で理にかなってるんだよね、すごいわ
テクノロジーしかないというのが私感だなぁ。〉
最近チョイタレ化しつつある落合陽一氏 / “ | 経済ニュースの新基準”
こうしたテクノロジー優先の論は聞いていて楽しいが、現実味を感じないのはそこに人間とその生活というミクロの考察が足りないからか。企業目線ばかりで労働者目選がないとも言える。
「トライ・アンド・エラーを妨げる法の下で生きる余裕がわれわれにはない。」
みんな気付いてるのになんか難しそうと言い、目を背ける。
自分認識の世界と落合陽一が寝ずにアップデートしてる世界は同じなのに。
「権利に対して対価を得る。あらゆる職業でそういう働き方が増えていけば、余暇が増えて消費も増える。」
今まであった仕事が機械に奪われる。そう考えるからマイナスなわけで、冷静に長期(もはや短期かも)で見て、人が減っていくのを機械が補うのは当然。
本当にその通りと思う。
まずは少子化をチャンスにしようというマインドセット。
オイルショックのときのように、チャンスに
俺が月1くらいで2年以上言ってること
マネー経済が膨らんだ分だけ、VTuberとかにお金が流れるだけで、別にファンダメンタルが大きくなってるわけでないし…
世界的には人口増なのに、日本だけが人口減なんだよな。
私がIT好きなのはこういうところに期待しているからなのです。
老化 / (東洋経済オンライン)
人口減はチャンスでもある。子どもの数が少ないので、教育にリソースを大量に割ける。1人当たりの教育コストを積めば、生産性を何倍も生み出すから差分を取りやすい。
興味深い
20年後に向けて

損得権益の社会だと、
産業型ロボットだと
税収が減るからやんない
と思うから、
今は移民や外国人労働者が
必要な時代だね。
以上

記事本文: 落合陽一「人口急減はテクノロジーが救う」 | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま話題の記事