TOP > 政治・経済 > 非正規労働者に欠けているものとは何なのか | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

非正規労働者に欠けているものとは何なのか | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

全体の労働者に対する非正規雇用労働者の割合は、平成元(1989)年から急増し、平成6年からは勢いは落ちたものの増加の波は止まらない。平成28(2016)年に初めて2000万人を超え、平成29(2017)年には、2036万人…...

ツイッターのコメント(14)

人材育成を個人に押付け、高めたスキルを低賃金で利用したい話のように読めた。
>
パシリ社長、に空目。 / (東洋経済オンライン)
非正規労働者に欠けているものとは何なのか(東洋経済オンライン) いわゆる、ビジネススキルを培う機会が与えられない非正規社員は、給与の差以上に、スキルの差が開き、再就職が困難になっている。
非正規労働者に欠けているモノ 社会活動への参加でスキルは身につく? 男性の例じゃないと意味が無い
ビジネススキルを培う機会の問題??????
非正規労働者に欠けているモノ 社会活動への参加でスキルは身につく?
確かにそうなのだが、PTAや自治会って社会的に中の上くらいの大分凝集度が高い集団だし、そこに上からも下からも異分子が入り込んでいくのは大変だ。それよりも、もっと楽に入れる同好会活動の社会的意義づけや価値を高めるべき。
現実を見ていない空虚な論理 /
一度仕事を辞めた主婦を想定してる?
未婚持ち家無しの男性非正規にもPTAや自治会活動を求めてる?
非正規として限定するのが、問題。正規と非正規のコミュ力の差は、関係ない。
差をつけたほうが、理由付けが簡単。
こんな記事を掲載しちゃう、東洋経済も「はあー」だな
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR