TOP > 政治・経済 > 「葬儀の平均費用195万円」が怪しすぎる理由 | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「葬儀の平均費用195万円」が怪しすぎる理由 | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

18コメント 登録日時:2018-03-27 06:24 | 東洋経済オンラインキャッシュ

「葬儀の費用って、いくらですか?」葬儀会社の社員として働く私は、毎日のように葬儀にまつわる質問を受けます。その中で最も聞かれるのが冒頭の質問です。約20年間、1000件以上の葬儀のお手伝いをしてきましたが…...

Twitterのコメント(18)

@peasant2023 日本消費者協会さんのデータについても「サンプル数」と「調査方法」に問題アリと指摘されています
相場がわからなかったので聞いたら教えてくれたけどお高いし、お寺さんの娘が横浜から都内のミッションスクールに通っていて駐車場には高級車、どうよ?

@Toyokeiz
多くの葬儀情報サイトやテレビ番組が引用する日本消費者協会が発表したデータはサンプル数と調査方法(支払った本人以外も対象なので伝聞が含まれる)に問題あり。実際の全国的な平均費用は135万円前後が妥当か。 / “「葬儀の平均費用19…”
殆ど使い回しかな。
葬儀よりも坊主に払う金の曖昧さの方が問題よね
基本的に見積り期間がないため、事前にある程度知っておきたいところです。こういう指摘は有り難い。
葬儀屋あるある。
地域の特色も出やすいので、近くの良心的な葬儀社に相談が一番。
直葬のみで充分だし、お金ないなら
市役所に相談したら大丈夫なんだよなぁ

宗教関わると、お金いろいろモメて
ろくな事ないイメージしかない
多くの人が早いうちに死後のことを理解してくれたらと思う/
テレビなどで紹介される葬儀の平均費用 信用できない理由
いずれせよ、100万円を超える葬儀費用をどう考えるのかは、悩みのタネである事は変わらないと感じました。
サンプル数10件で"平均"と言われちゃね…。
[東洋経済オンライン]
以上

記事本文: 「葬儀の平均費用195万円」が怪しすぎる理由 | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事