TOP > 政治・経済 > 「中学受験で全落ち」した親と子に必要なこと | ぐんぐん伸びる子は何が違うのか? | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「中学受験で全落ち」した親と子に必要なこと | ぐんぐん伸びる子は何が違うのか? | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

今年も中学受験の季節が終わりました。第一志望校に合格して進学する子もいれば、そうでない子もいます。すべての受験というものには必ず「不合格」がつきもので、それによって希望する進路を修正せざるを得ないと…...

ツイッターのコメント(19)

もうこんなとこばっか見てしまう('_')
話題の全落ちテーマ、こっちの方が我が身にフィットする。キツー(´-ω-`) / “ | 経済ニュースの新基準”
「どのような学校に行っても、どのような道に進んでも、将来から見ると、それは必ずその人にとって必要なプロセスになっている」

いままで私のしてきた選択は、最良の選択である

日日是好日
なるほどなー。ふりかえる時間を作る
、というのは凄い回答ですなぁ。子どもの考えを尊重すると。自分にできるか不安。
でも、自分自身は親にこんな感じで扱ってもらったと思う。中学受験はした事ないけど、いろいろな局面で。
全落ちしとらんやんけ!
(全落ちの定義がよく分からないマン)
これ中身興味深く読んだけどタイトルおかしいでしょ 全落ちじゃないじゃん 嘘つき
受験中の今読んでも参考になる話ですね ー
表面的真面目系をちゃんと見抜く指導者に出会えなかったことが運の尽きではないかと。これは通っている塾、よりも教室の雰囲気も影響していたりする。
理想的自分に陶酔するタイプ
あぁ~💧
そーなんだ( ̄▽ ̄;)
子育てハードル高過ぎ無理(笑) |
5年からでは遅い。。
以上
 

関連記事

関連記事は見つかりませんでした。

いま話題の記事

135コメント 5 時間前 - note
PR