TOP > 政治・経済 > 「不登校になった小学生」に親は何ができるか | ぐんぐん伸びる子は何が違うのか? | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「不登校になった小学生」に親は何ができるか | ぐんぐん伸びる子は何が違うのか? | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本全国でとらえると、公立小学校の在籍児童数約630万人のうち、約3万人が不登校の状態にあると文部科学省のデータで示されています。この数は、中学生になるとさらに増え、公立中学校の在籍生徒数約315万人...

ツイッターのコメント(21)

そう!これ!
思いを理路整然と文字に乗せれる人はすごいなぁ。
うちは昔まさにこんな感じでした。学校行かないと言われると親は焦りますよね。
この方法は今の時代にも合ってる
今のやり方がダメなら逆の方向性でいきましょう!
素晴らしい記事…
発達障害等の自閉症系は、コミュ障などではなく、他者の気持ちに敏感過ぎる…
せっかくの一点集中の才能が他者に接する事で、壊されてしまう…
いい記事。
他者はあなたの為に生きている訳では無いから思い通りにならないからと言って怒ってはダメ、親子だろうが。
学校より学べる場所は必ずある、親がやるべきはその場所を探す手伝い。
健全な不登校のすすめ
小2の息子が不登校になり、どうしていいのか分からないという親の相談。
教育専門家は、今の対応方法とは真逆の方法で接することを勧めた。子どもはやりたい放題に飽き、勉強したくなるものだと説明した。
今日記事アップされました
行政や学校はここに入れない、共働きだったりすると身動きとれないな
なるほど…
親御さんとしてはすごく心配だろうけどこの子自身の目線に居ると違うものが見えそう。
以上
 

関連するニュース

関連するニュースは見つかりませんでした。

いま話題のニュース

もっと読む
PR