TOP > 政治・経済 > シンガポール人が日本人より超金持ちの理由 | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

シンガポール人が日本人より超金持ちの理由 | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

32コメント 登録日時:2018-02-21 06:34 | 東洋経済オンラインキャッシュ

私が今暮らしているシンガポールは、香港とともに、金融資産1億ドル(約107億円)を超える「超富裕層世帯」の割合が多いといわれています。世界中から富裕層が集まりますが、小さな政府であるため、先進国にかかわ…...

Twitterのコメント(32)

日本の常識は海外では通用しない。

年金に関しても同じで、シンガポールでは自助努力で老後の資金を確保しているのです。しかも1億2000万もの大金を…

今20代の人は2000万では足りないことは明らか。今から対策をしていきましょう
なんにもわかってないなあ。
←どうも日本政府おすみつきのNISAとかIDECOは信用できないんですよね。
日本人はお金の事を口に出すのが嫌らしいというかタブーみたいになってるけどシンガポール人は常にお金の話をするしそれが普通。>
この記事読んでたらやっぱり年金はあてにならないし今のうちにしっかり貯金しなきゃなぁって(´•ω•ˋ)
東京23区程の面積に560万人が暮らす計画経済国家シンガポールと日本を比べること自体が無理。
年5%複利でも十分だということがよくわかります
楽勝ですね
公的年金ないんか。
日本でも目標額は1億円。そのためには、確定拠出年金やNISAなど、複利を利用できる金融商品を活用しないと難しい。

収入の3分の1は投資・貯蓄へが基本。
@Toyokeizai
「子供も年金」
マスゴミとパヨク教育の洗脳の結果これ考え方を無くしてしまったのが、日本人の少子化の原因
世界一豊かでも国を当てにできない シンガポール人がお金持ちの理由
いつもひどい以上にひどい。こういう記事から広がる誤解を許してはならない【@Toyokeizai 花輪陽子氏】
ラストかも知れないチャンスが今この瞬間ってやばい
貯蓄は資産運用ありきなれ って事か。
シンガポールは世帯支出なの?文面見る限り個人支出と世帯支出比較してるけど、大丈夫か>
厳しい環境は人を強くする。日本だって国
収入の3分の1を積み立て!?
老後資金1億2千万か。年金期待しないなら日本でもこれぐらいの覚悟があった方が良さそう
401kやiDeCo、NISAを利用すれば、シンガポール人に限りなく近い運用ができるのです。税制優遇がある口座で3%以上の利回りを
シンガポールでは国を当てにできないため、老後資金は自力で確保するという覚悟を皆持っています。

まあこれだろうなぁฅ(^ω^ฅ)
老後のために1億円貯める
[東洋経済オンライン]
ファイナンシャルプランナーって絶対なくなる仕事だな
以上

記事本文: シンガポール人が日本人より超金持ちの理由 | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事