TOP > 政治・経済 > 「2月暴落」が的中!経済物理学で「次」を予想 | 若者のための経済学 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「2月暴落」が的中!経済物理学で「次」を予想 | 若者のための経済学 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

株価などの金融資産の価格が割高か割安かといったバリュエーションに関する指標は多数あるが、市場においていつ価格が調整されるのかを言い当てることは難しい。筆者はそのひとつのツールとして経済物理学を用いた…...

ツイッターのコメント(34)

コメントが軒並みネガティブw 予測的中!なんて豪語して非難されないの,やっぱり大学進学塾ぐらいかw
コメント欄はぼろくそにけなしてる奴らが多いけど、世界バフェット指数の動向からみてこの記事かなり近いな。
@daikiy38 こんな記事がありました
2月は当たりました。次は6月?
全2ページ
11月の日経平均株価上昇時に「経済物理学」のモデルを用いて暴落時期を予想、2月と見事に当てました。次の暴落時期を探ります。
そのうちうちAIも深層学習するか⁉ →
暴落の定義と自己保有の株式開示が必要だね
11月から2月末。。アンゴルモアの大王が降ってくる感。
決算発表終わって2月末だったら困らんかったわ!
うん、自分は間違っていなかった
へぇー( ・∀・)
あー、前にこの記事見てた。
コメント欄では叩かれてますが、こういう予想 見るの嫌いじゃないです
仮想通貨も6月まで安泰だと良いですね。
G20が肝ですかね。
週刊誌は何回バブルを崩壊させるのかな? / (東洋経済オンライン)
F_Line/A/B に似てる 自前のチャート作ってるひとは参考に〓
あたったどー!
へー。覚えとこ。
「次は6月」ということだけど、それってセルインメイってことだよね。
二月の暴落はあたったようです!
株価が再上昇したとしてもバブルの再形成に3~4ヵ月(6月くらいまで)は要しそうだ。足元の水準から株価が再上昇し、バブル形成のサイクルに回帰した場合は6月頃に再びバブル崩壊の可能性が高まるようだ。
もう底打ちだとすれば、次が6月というのは約20週のサイクルとも合いますね。暴落かどうかはさておき。
今回は短期調整と見ていますが引き際が肝心かな。
流体とは違いそうだけど...
気に留めておきたい...
こういうのって、当たった時は騒ぐけど、外れたら何も言わないよね。。。
以上
 

いま話題のニュース

PR