TOP > 政治・経済 > 父親は誰?「AID」で生まれた38歳女性の叫び | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

父親は誰?「AID」で生まれた38歳女性の叫び | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

52コメント 登録日時:2018-02-02 05:31 | 東洋経済オンラインキャッシュ

AIDって何?聞いたことがない…という方が多いかもしれません。これは、夫以外の第三者の精子を使った人工授精のこと。男性側に不妊の原因がある夫婦などが子どもを持ちたいとき、この方法を選ぶ場合があります。…...

Twitterのコメント(52)

AID(非配偶者間人工授精)で生まれた女性の記事。

母親から「『私が産みたかったから、AIDで産んだのよ』って言ってくれたらよかった」という。

-
確かに親のエゴだけど。恥では無いような?只、父親探しだけは辞めておけ。子供の苦悩以上に「実の父親」を悩ませ苦境に立たせる事に。

自分は「後ろめたい技術」で生まれたのかおとなたちには… @Toyokeizai
AIDは、日本では1948年に初めて、

慶応義塾大学病院で実施されました。

| 経済ニュースの新基準
なぜそんなに血縁にこだわるのか

母親がポジティブなら…って
この人の考えがネガティブ

@Toyokeizai
父親は誰?
でも確かに家族の誰かが病気になると遺伝性とかってシンプルに頭に浮かばない訳では無いよね。
いくら愛のある同性同士の付き合いだとしても、子供のことを考えないといけないよね…
実はこれが戦後日本でも密かに続けられたAID問題とも密接なかかわりがあるのでは、という指摘は寡聞にして知らない。
AIDによって生まれた子どもの数は、推計で1万~2万人といわれていますが、正確な数は国も日本産科婦人科学会も把握できていません。
忘備録
この人が話してることに共感する。家族のあり方は多様であっていいはず。
「ふつう」=マジョリティがもつ傲慢さ。“自分の意思というより「子どもを持つべき」という周囲の空気を受けて、「ふつうの家族」を装うための手段としてAIDが使われてしまっている場合もあるのではないか” / “205944?page=5”
SAN値下がりますね!
人類は頭可笑しんじゃないかな。
AIDも特別養子縁組も子供が2歳以下の頃から真実を伝え育てるべきです

親は誰「AID」で生まれた38歳女性の叫び | 大人達にはわからない - 東洋経済オンライン @Toyokeizaiさん
是が非でも子供が欲しい親
自分の誕生の仕方に苦悩する子供

難しい問題だよね
子供が誕生の仕方に苦悩してしまう方法は、個人的には賛成しかねる
自分は「後ろめたい技術」で生まれたのか父親は誰? 「AID」で生まれた38歳女性の叫び
「AID(非配偶者間人工授精)」ふむ。 /
当たり前の怒りだと思う、生殖にまつわる問題の強引な解決は子どものみならず親になる側の自己肯定感に関わる問題にもなる、婚姻したからには子どもがいなければおかしいという思い込みが一番悪いんじゃないか
悩む権利、怒る権利、知る権利、当然あると思う。▶︎
父親の地位に関する日本の法整備は遅れている。遺伝的な繋がりがないと証明されているにも関わらず、親権を放棄できない判決も出ていた。
| 経済ニュースの新基準
怒らなくちゃダメですよね、
サークルで遊ぶ金のためにあなたは産まれたんですよ、、
考えさせられる。
結婚したくないけど 子供は欲しいって、言って子供をもう けて 今から苦情を出すのが、おかしいよね
この石塚さんの気持ち、とてもわかる。でも、先にいる大人達なんかに期待しては駄目。産まれてきた赤ちゃん全てが【預言者】であることを知らないから。現時点での地球人は、大人が威張る生意気な社会なのよ。😡💢
これは、離婚家庭の子どもがよく「親から『かわいそうな子』扱いされるのが嫌だった』という話と、少し似ているかもしれません。
こっちが元記事でした。
今まで一生懸命育てて来たご両親の気持ちって考えないの?だから里親制度が進まないだと思う。自分の事しか考えないやね
「根本的な議論を避け、目先の技術についてだけ議論している現状が、よくないと思うんです」
記事本文よりコメ欄に驚いた。
「親には愛情があった。」「親に感謝すべき。」
論点はそこではないし「親に感謝すべき」は余計なお世話。
なぜ「親への感謝」を人に押し付けるの?
なぜこの国はこの手の同調圧力が強烈なの?
これは、親子関係の普遍の問題だ。
ないものねだり。実の親でも『こんな家に生まれなくなかった』と言う人もいるしな。
うーむ。知らんかった。
別な懸念としては、提供者が父方の近親者で、実父への思慕から年上男性と交際して、それが本当に実父というケース。
1948年に初めて実施された という事自体 初めて知った(ФωФ)
親の矛盾はよく分かる
同い年じゃん…昔からこう言うのはあったのか。
「おとなたちには、わからない。」シリーズ、3回目です/「AID」で生まれた38歳女性の叫び
なにが「普通」なのかということ。
[東洋経済オンライン]
以上

記事本文: 父親は誰?「AID」で生まれた38歳女性の叫び | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事