TOP > 政治・経済 > 「自動ブレーキ」の安全性能はまだ発展途上だ | 自動車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「自動ブレーキ」の安全性能はまだ発展途上だ | 自動車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

13コメント 登録日時:2017-12-29 06:28 | 東洋経済オンラインキャッシュ

被害軽減ブレーキ、車線逸脱防止装置、ふらつき注意喚起、踏み間違い防止装置…。ドライバーの安全運転を支援する機能を搭載した車が急速に普及している。もっともポピュラーな被害軽減ブレーキでは、2010年の乗用…...

Twitterのコメント(13)

うん、確かに。過度な期待は禁物だ。
1ノート、2CX-5、3レヴォーグ / “ | 経済ニュースの新基準”
完全自動の車ができたら欲しい。

()
自動ブレーキの安全性能はまだ発展途上だ
「今回総合得点で満点をとった日産のノートでも、試験結果を詳細に見ると、車速10キロで遮蔽物がない条件で、歩行者のダミーに3回のうち1回はぶつかってしまった」
当然でしょう。
まだまだ過信はしない方がいいね
プロのパイロットでさえ自動化技術を過信して事故を起こす事例があるくらいなのだから、一般レベルなら尚更。最初からわかっていただろうに何を今更。>
[東洋経済オンライン]
以上

記事本文: 「自動ブレーキ」の安全性能はまだ発展途上だ | 自動車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準