TOP > 政治・経済 > 灘校生にとっての「偏差値70」とは? | 注目の中高一貫校 校長が語る我が校のDNA | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

灘校生にとっての「偏差値70」とは? | 注目の中高一貫校 校長が語る我が校のDNA | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

灘中学・高等学校――。もはや説明は不要だろう。東京の開成と並んで、日本の頭脳を担う人材を生み出す超有名進学校だ。では実際のところ、灘ではどんな教育を生徒にしているのだろうか。今回の取材では、和田孫博…

ツイッターのコメント(57)

周囲の人と比べないで自分の興味のあることを掘り下げたらいいんじゃないかな。私は走ることと英語だった。
本当に素晴らしい学校だと改めて実感。 -
こういう学校なんだな。意外と面白そうな学校だな。

@Toyokeizai
ちょっと昔の記事だけど色々と興味深い。
@kenichiromogi 灘の校長も偏差値は偏った数値だって。/
茂木はこれでも読んどけ
偏差値70は偏ってるんだから気をつけなきゃいけないってナルホド~って感じ/
<美しい数式とは…。(白目
偏差値はずっと70を超えてたけど、だからどうしたって感はあったんだよな。個性のひとつという見方は言い得て妙だ。>
僕には嘉納治五郎が創始者ってのがこの記事一番の情報 RT
最終ページ、「それにしても美しい数式というのが存在することに驚いた……。」という記者の言葉に驚いた。
知的好奇心の充足!勉強の極意ってそこだよね――
※学校集団というのも文化資本。授業自体は副次的、参加することに意味。。/
オモロい、に軸を置いて追求することが大変だけど大切やな〜。自分の教育の仕方を振り返ってしまう。 RT @atsushi58: 母校らしくて非常によい。結局なんだかよく分からん感じがw
浜口先生!懐かしい。 QT @atsushi58: 母校らしくて非常によい。結局なんだかよく分からん感じがw
ああ、これだよ、これ。灘にしても麻布にしても開成にしても。これがあるから社会に出ても強い。 ー
母校らしくて非常によい。結局なんだかよく分からん感じがw
灘中高校、といえば、超エリート校というイメージが強いが、私が大好きな遠藤周作の母校でもあり、たんなる“ガリ勉”学校ではないなとは思っていた。

以下の記事を読むと灘中高校のクリエイティビティが良くわかる。...
何故だろう、半笑いのインタビュアーの顔が浮かぶ……
東洋経済オンラインで灘校の特集。僕の母校は、灘校と教育の志向が非常に近い。残念なことにここ数年は転換期を迎えているからなのか、おもしろさにかけているが。その大きな理由は文科省の画一的な教育方針による弊害と、生徒の均一化だろう
噂をすればと言うか「電磁波が怖いから俺は携帯をズボンのポケットには入れへん」とか言ってた浜口先生じゃないですか
良い記事。「成績なんて試験以外でもいくらでもつけられますし、何とでもなります。それよりもあいつらのオモロいようにしてやるほうが大事です。」 関西的というと語弊があるかもしれないが、オモロさを追求させてくれる、確かにそういう学校だった。
(´・ω・`)ぽいぃー
すごいいい内容なのに筆者の主観がショボすぎる
”「生徒によって先生が磨かれる」というウソのような言葉”
”それにしても美しい数式というのが存在することに驚いた……。”
一般人にはわからないのか。
なだいろクローバーZの学校、いいなぁ。➡︎
おもしろい。
自由と個性を何よりも尊重。社会人になると学力が高い(勉強が得意で論理力が高い)も重要だが一芸(専門性)も重要。この学校の生徒は両方兼ね備えているというわけか。
東洋経済でこの程度とは。取材相手に失礼なガッカリレベル。特に4P以降の対応力の弱さに加え使い走りの犬みたいな姿勢で向かおうとする頭の悪さに苛立ちを覚えた。若手記者とはいえ専門分野でこの程度とは教育のし直しが必要だ。
「下」への想像力・共感はどの時点で失われるのだろう。この学校でであってほしくはないけれど。
生徒たちには「偏差値70というのは血圧で言うたら、今すぐ血圧降下剤を飲まなアカンくらいの数字。それくらい“偏ってる”んや」

|
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR