TOP > 政治・経済 > 恋活アプリに群がる残念な高年収男子の現実 | 恋愛・結婚 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

恋活アプリに群がる残念な高年収男子の現実 | 恋愛・結婚 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

東京のとある中堅企業で営業マンを務めている高橋純太さん(36、仮名)は今年5月、サイバーエージェントグループが提供する「タップル誕生」と呼ぶスマホアプリの利用を始めた。「趣味でつながる恋活サービス」と...

ツイッターのコメント(19)

こんな記事見ると萎える
『年収の高さと人間性や道徳観は必ずしも正比例するわけではない。』というか、年収が高い=他のビジネスパーソンより能力が高い=その秀でた能力やスキルを獲得する為に、人間性を育む経験をおざなりにしてきた、とも考えられるよね。
マッチングアプリねえ。友達に出会いは正直に言えるんかね?
昔はお見合いだったのに…
東カレへのアツい風評被害ウケる
-
ひどい、男も女もひどいに尽きる。この女もいくらなんでも寝すぎだろう
ブラックリストww
スペックだけ高くてもダメらしいです。気をつけましょうね
どうせ?
サクラばかりだろ?
恋活アプリも実際に試さないとどんな感じかわからないですからね。来年はトライしてみるか。
😖年収で絞り込んで会ってる女性側に不快感しかないけど...すごい記事。。。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR