TOP > 政治・経済 > 大前研一「日本の政治家は目線が低すぎる」 | 国内政治 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

大前研一「日本の政治家は目線が低すぎる」 | 国内政治 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

安倍晋三第3次改造内閣は「国民から大きな不信を招く結果になったことについては深く反省し、おわびしたい」という安倍首相のおわびからスタートした。トラブルメーカーのお友達やイエスマンのクビをすげ替えて仕…

ツイッターのコメント(13)

年を取っても大前さんみたいに血気盛んでいたい。
この出羽守もガチャガチャ煩いな。
大前さん
政治家になってくれ(*´ω`*)
超優秀な人物だと思いますが、現状分析から戦略にひとっとびで、戦術がないから結局なにもできない人。 創憲なんて夢物語。 今の日本人が受け入れられる訳ないのにその方法は提示できない一足飛びの夢物語。
ほんと選挙制度変えて欲しい。比例代表制メインに。ドイツのような。そういう政党に一票。
どう読まれる?政治家の皆さん?
大前節 / “ | 経済ニュースの新基準”
安倍首相にとっての総選挙は「僕難突破」だった。
キミは、丈の割にはふんぞり返りすぎて目線が上からすぎる。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR