TOP > 政治・経済 > 年収5000万円もザラ、米AI人材のヤバい報酬 | The New York Times | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

年収5000万円もザラ、米AI人材のヤバい報酬 | The New York Times | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

19コメント 登録日時:2017-11-01 16:49 | 東洋経済オンラインキャッシュ

人材獲得競争で、シリコンバレーにあるスタートアップ企業は、業界の大手企業よりもこれまでつねに有利な立場にあった。就職の際に自社の株式を提供し、「会社が成功したら、その株式であなたは金持ちになれる」と…...

ツイッターのコメント(19)

🧐>大学で博士号を取得したばかりの人や、それほどの学歴がなく仕事の経験も数年程度の人であっても、AIの専門家であれば年間30万~50万ドル(約3300万~5500万円)
>2007年からグーグルに勤務していたアンソニー・レバンドウスキーが、1億2000万ドル(約132億円)以上の報酬
盛り上がっている産業内では、毎日がオリンピックのようだね。
本文中にもあるけど、プロスポーツ選手なみやね。

年収5000万円もザラ、米AI人材のヤバい報酬
AI人材ほんと希少性高い

"4~5年間の給与と株式を合計した報酬額が100万ドル台、あるいは1000万ドル台"
"契約を見直したり、交渉し直したり"
"まるで、プロのスポーツ選手"

@Chick_B AI人材になって年収5000万円を目指そう
あ?そんな貰えてねえぞ?w
AI人材だよ(食い気味/
AI技術者 なら年収5000万円時代。Python勉強せねば。
シリコンバレーでAI開発してるけどそんなに貰ってません💦
Pythonが、こんなに普及するとはね。
長年、日の目を見なかった反動ですかね🤔
今からならとりあえずPython❓
よし、アメリカ行こう! / “ | 経済ニュースの新基準”
・・・自動車業界は自動運転車を開発するために、必要な人材をシリコンバレーと奪い合っている・・・
。「学者がどんどん企業に吸い取られていく」。
以上

記事本文: 年収5000万円もザラ、米AI人材のヤバい報酬 | The New York Times | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま話題の記事