TOP > 政治・経済 > 55歳「元週刊誌記者」が貧困から脱せない事情 | ボクらは「貧困強制社会」を生きている | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

55歳「元週刊誌記者」が貧困から脱せない事情 | ボクらは「貧困強制社会」を生きている | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

約束の時間を30分ほど過ぎた頃、マサヤさん(仮名、55歳)が現れた。席に着くなり手渡されたのは、ずっしりと重い黒の手提げかばん。かばんの中には、かつてフリーライターとして活躍した頃に手掛けた署名記事が載…...

ツイッターのコメント(44)

「医師からはフルタイムの就労は難しいと言われていると説明しても、(ケースワーカーは)働け、働けと脅すばかり。」
#貧困生活
『正社員が主流だった当時は手厚い福利厚生のおかげで、企業や家庭にそうした人たちを内部に抱え込む余裕があったのだ。ところが、雇用が不安定化するにつれ、「メンタルヘルスの不調=失業、貧困」という光景が当たり前になった。』
「働き方の多様化という「理想」を求めるなら、メンタルヘルスに問題を抱えた人たちはある程度、国や社会が面倒を見る覚悟を持つべきなのに、現実には彼らの多くは置き去りにされたまま」→
千里の道も一歩から、しかもコツコツと。人生に王道なし、なんだな。それにしても借金900万円は大きい。
これ読んでたが双極性障害の話じゃないか。表題これじゃダメだろ。
#ライター だけの話ではない・・・→55歳「#元週刊誌記者」が貧困から脱せない事情 フリーで食えず自己破産、#生活保護受給者 に | ボクらは「#貧困強制社会」を生きている - #
推奨一読。「「メンタルヘルスの不調=失業、貧困」という光景が当たり前になった。働き方の多様化という「理想」を求めるなら、メンタルヘルスに問題を抱えた人たちはある程度、国や社会が面倒を見る覚悟を持つべきなのに(本文から)」。
他人事に思えないなー
コメント欄を見ているとこういう人らが救われない理由が分かるよねぇ。
10年ほど前から生活保護を受けるようになり、現在は家賃込みで毎月約19万円を支給されている。
《10年以上前の「成果物」でもって自分を語る――。同業者の私にとって無縁の話ではない》同業の末席を汚す者としては読むんじゃなかったと思うくらい切実。最後の段落は気持ちがわかりすぎて沈む。マサヤさんが幸せでありますように。
「10年以上前の「成果物」でもって自分を語る――」

@Toyokeizai
「働き方の多様化という「理想」を求めるなら、メンタルヘルスに問題を抱えた人たちはある程度、国や社会が面倒を見る覚悟を持つべきなのに…」←かつては活躍していたであろう記者も一度躓くとどん底に…置き去りにされた人たちが膨れた時に国は?
@Toyokeizai ライターならその生活保護のあり方の記事書いてみれば…?
元週刊誌記者マサヤさんの不安、不満、焦燥、過去への執着…まったく他人事ではなく胸に迫った。ヒリヒリした。おそろしくなった。筆者の藤田和恵さんの取材、視点、手練れの文章、冷静で抑制された表現に滲む思考と感情がそうさせる。この人すごいな。
55歳「元週刊誌記者」が貧困から脱せない事情。普通なら「何でもええから働け」となるんでしょうが、精神病むとなかなかね。当人にも甘さは有ったのは否めないけど、なった後には、自分を落してまでが出来なくなるのよね。
いつの時代も弱気ものが泣きをみるのかぁ(゜ロ゜)
ケースワーカーがろくに教育受けてないのがわかる記事だな……。日本のメンバーシップ型雇用は教育機関で専門教育を受けることを軽視してしまいがちなせいかなあ……。 / “ | ボクらは「貧困…”
う〜む‥‥。
こわい
『ところが、雇用が不安定化するにつれ、「メンタルヘルスの不調=失業、貧困」という光景が当たり前になった。』ヘルスケアも充実させないとだけど、そもそもメンタルヘルスの不調を招く根源に目を向けなきゃ。働き方改革がまさに好機だけれども。
俺には甘えとしか思えません。
フリーの芸能ジャーナリスト?。
今じゃこのありさま
小説の文学賞なんか応募してねーで働けやボケ
コメ欄に散見される自己責任論…この方メンタルの不調もあるから安易に押し付けちゃだめと思うが
>10年以上前の「成果物」でもって自分を語る――

↑これに尽きる。4、50代フリーランス界隈、超あるある…/
妻もうつ病で、夫婦ともにフルタイムの就労は難しく、10年ほど前から生活保護を受けるようになり、現在は家賃込みで毎月約19万円を支給されている。
双極性障害の方が、うつの奥さんと、生保で暮らすリアルな一つのケースの話。

55歳「元週刊誌記者」が貧困から脱せない事情
新たに受診した病院で双極性障害と診断
真面目だったり一生懸命な人が鬱になりやすいことも併せて考えると、なんかきついなあ。/55歳「元週刊誌記者」が貧困から脱せない事情
問題が生じた途端、一気に貧困へと陥る、現代社会のセーフティネットの危うさ。藤田和恵さんのコラム。  雇用が不安定化するにつれ、「メンタルヘルスの不調=失業、貧困」という光景が当たり前になった。
生活保護費19万円も支給されている時点で貧困ではない。
各種社会保障も無料や優遇です。
うつってうつるとかドヤ顔でぬかすケースワーカーがいるなんてありえん。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR