TOP > 政治・経済 > アマゾンおひざ元「シアトル」悩ます異常事態 | アメリカ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

アマゾンおひざ元「シアトル」悩ます異常事態 | アメリカ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「アメリカでは政権が変わると、街もガラッと変わってしまう」。アマゾンやマイクロソフトが本拠地を置く米ワシントン州シアトルは、豊かな自然に恵まれた、米国屈指の「住みやすい街」である。が、最近では市民か…

ツイッターのコメント(24)

3年前の記事だけど、シアトルはいまどうなっとるんかね
"
同社の社員数は昨年末時点で34万人。昨年1年だけでも、11万人も増えたという。これだけ急激に人が増えると何が起こるか。1つは住宅難である。
同伴出勤したワンワンは帰るまでどうしてるんやろ?
せっかくホームレスたちに手を差し伸べているのに、それに対する批判もあるようだ。「アマゾンがやっていることは、企業イメージアップでしかなく、ワザとらしい」と酷評されてしまった宣伝ビデオが話題となっている。
人気のバンクーバーが中国マネーで物凄い不動産価格上昇中と聞いてきたが、シアトルは別な要因で上昇か。 →
すごい規模→「現在シアトル市内中心部のオフィス面積全体の19.2%を所有しているという」/
(雇用を生みすぎるアマゾン)アマゾンの従業員は昨年1年で11万人増加 / “ | 経済ニュースの新基準”
なんと、シアトル市そんな感じになっていたのか。ベルビューでもだんだん家賃は上がっているようだけど。ここ10年位でバスとか電車とか使いやすくなったけどなぁ。 / “ | 東洋…”
ボーイングの本社はシアトルじゃない気がするのだが。
巨大も巨大な規模になってもまだ去年1年間で従業員が11万人増えるって、、
シムシティみたいになってて草
2017年9月27日
アマゾンおひざ元「シアトル」悩ます異常事態
人口が急増し穏やかな生活が脅かされている
@Toyokeizai
確かにタコマ周辺はちょっと雰囲気違うけど、そういうことか。
米シアトルは変わった理由は、①肥大化し続けるアマゾン社の存在、②渋滞の悪化、③増え続けるホームレス。東洋経済から。  アマゾンはシアトル市内中心部のオフィス面積全体の19.2%を所有し、従業員増で深刻な住宅不足。
・・・アマゾンによると、同社の社員数は昨年末時点で34万人。昨年1年だけでも、11万人も増えたという・・・
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR