ソニー復活の源泉「プレミアムシフト」の正体 | IT・電機・半導体・部品 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

このところ本業であるエレクトロニクス事業の収益性を取り戻してきているソニーだが、ヨーロッパの数字を見ただけでも、その自信の裏付けとなるブランド力と収益力の向上を見て取ることができる。世界最大級の家電…

ツイッターのコメント(24)

SONYは80年代までは流行に敏感な人や年収が高めの人をターゲットにしていたメーカーなので元に戻っただけという感じがしないでもない。
デジタルカメラのシェア
<ドイツでは42.1%のシェアを獲得し、キヤノンの30.5%に大差>
過去にも同じようにハイエンド商品の戦略をとったが 迷走して結局消えた
未だに 製品が商品になると 誤認しているのか
ヨーロッパ市場でこんなに強くなってたんか
SONYはNikonを抜き去ったかのような記事だな。Canonの敵はSONYで、SONYの敵はCanonって事かな。
”キヤノンの背中さえ見えてきた” ”今年6月の数字では、キヤノン37.4%に対してソニーは31.8%。” »
大変申し訳ないが、事実性能は圧倒的なんです。
高付加価値 / “ | 経済ニュースの新基準”
そんな高精細は誰も求めていないよと言われていたが時代が追いついてきた。デジタル処理を支える半導体がキーデバイスか。 / “ | 経済…”
@Toyokeizai こうして見ると、置いてけぼりのスマートフォン。やっぱり撤退なのか
 
PR
PR