悪さ重ねた少年が40代で達した質実な稼ぎ方 | 「非会社員」の知られざる稼ぎ方 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

カンボジアの反政府勢力であり、ポル・ポト派を意味する「クメール・ルージュ」の爪痕が残る1997年から、カンボジアの首都プノンペンで暮らしている40代の日本人男性がいる。ペンネームはクーロン黒沢(46)...

ツイッターのコメント(48)

他の人の評価見たら監督が有名人みたいで調べる。
なるほど……パソ通とかの時代の人に刺さる内容なのかな。確かにディープ。

|
タイトル見てクリックすたら、クーロン黒沢さまのことだった。東洋経済、幅広いにゃあー
クーロン黒沢とか寿は久々に聞いた
本もあまり買わなくなったけど、シックスサマナはバックナンバー含め全て購入。地方の寂れたビジネスホテルのカビ臭いベッドで読むと雰囲気マッチして、アジア旅行中に先輩方の旅の話を聞いてるような気分になれました。 @Toyokeizai
クーロン黒沢氏の半生、人間どうとでもなると思わせる力がある
誰かと思ったらクーロン黒沢氏か!大きめのメディアに取り上げられるの不思議な感じ。
クーロン黒沢の半生記とは。面白いインタビュー。
| 経済ニュースの新基準
クーロン黒沢さんのこんな記事があったのか。|
 
PR