TOP > 政治・経済 > JR北海道「自身のリストラ」の進展度合いは? | 鉄道ビジネス | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

JR北海道「自身のリストラ」の進展度合いは? | 鉄道ビジネス | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

赤字経営と巨額の安全投資に耐えきれず、JR北海道が存続の危機に瀕している。2018年度までは国による総額1200億円の支援措置が得られるが、その後何も手を打たないと2020年度末までに資金ショートのお...

ツイッターのコメント(31)

もう北海道は国鉄に戻して良いよ。JR北海道維持のためだったら税金払っても良い。その代わりに革マルは追放でね。

| 経営 - 東洋経済オンライン
JR北海道「自身のリストラ」の進展度合いは?

>平均年収は500万円を切る水準まで低下した。自治体からは「JR社員の給料が高い」という批判もあるが、「道内の自治体の平均年収で当社を下回るのは利尻町のみ」と、西野副社長は反論する。
それでも新幹線はやるという変な考え方なのが解せない。まじで、東日本事業売却した方が良くない?
英労働党のコービンは鉄道国有化を訴えて躍進したから民進党をJR北海道国有化を公約にしよう(提案)
これで鉄ヲタ100万票は固い(白目)
本当に北海道に鉄道が必要なの?
これからは誌名の前に「ブラック」ってつけよう
真面目にシベリア鉄道直結したらどうか。
“鉄道員(ぽっぽや)は給与水準など気にせず鉄道を愛していると思っていたが、職種によってはそうでもないようだ。”
えー。ぽっぽ屋発言はまだしも、この期に及んで結論が「情報開示して協議せよ」ですか…。記者さんに対する評価を再考したくなるのですが。
「自身のリストラ」言うけど、大事な事業リストラがまさに不採算路線の廃線なわけで|人員リストラって有能なのから去るから、短期で業績回復させてまた水準上げないと、カスばっかり残った掃き溜めと化すんだぜ… / “JR北海道「自身のリス…”
やりがい搾取もいいところ、好きでやってるんでしょ理論は人を殺す
「鉄道員(ぽっぽや)は給与水準など気にせず鉄道を愛していると思っていた」
| @Toyokeizai

こんなの、単年度の経常収支を改善させるだけで長期的にはマイナスだろ。営業収入を上げるようにしないと。
取り敢えず、経営破綻させるならJALと同程度の出血は必要でしょうね。
破産させてバカな公共交通はただだと思っている北海道民に分からせる必要がある
深読みしてしまった
>鉄道員(ぽっぽや)は給与水準など気にせず鉄道を愛している
ハハハ…
これ以上のリストラの余地は廃線以外ほとんど残っていない。
九州がJRと自治体とで一定の協力体制が敷けたのと対照的に、北海道は道新や自治体がJRを異常に敵対視するせいで、足並みが揃わないまま沈むしかなかった感がある。不祥事を繰り返したJR北海道も無論悪いが。 / “JR北海道「自身のリス…”
:悲しくなるくらいのズタボロ状況よね。
なかなか厳しい道のり
分割の時になぜ気づかないのか。広さは九州と四国を合わせても大きく、雪も多い。炭鉱業衰退も著しいなかそこを結ぶ路線が多い、などなど。改善だけでどうにかなるか疑問です。>JR
関連会社、下請会社を全て切ってやらないと…病巣は税金を食いつぶすだけ〉
JR北海道は、何も手を打たないと2020年度末までに資金ショートのおそれ。。東洋経済から。  JR北海道と自治体、お互いが情報をさらけ出して一刻も早く協議を始めないと、結局損をするのは地域住民。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR