TOP > 政治・経済 > 老朽マンション、建て替えタダは都市伝説だ | 週刊東洋経済(政治・経済) | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

老朽マンション、建て替えタダは都市伝説だ | 週刊東洋経済(政治・経済) | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

四ツ谷駅から徒歩5分の一等地に建つ「四谷コーポラス」(新宿区)。1956年に日本で初めて民間企業により分譲されたマンションだ。当時はメゾネットタイプの間取りで床はフローリング、各戸に浴室が設置されるなど…...

ツイッターのコメント(23)

建て替えに至った例は、予定も含めて252件(国土交通省)
・障害となっているのは住民の経済的負担
・解体費や建築費は原則、区分所有者が負担
・一般的に各戸で1000万円単位の資金が必要
・建て替えには5分の4以上の賛成が必要
住宅供給過多、そして高齢化社会の時代に、老朽マンションの問題が増大する懸念。建物を大型化しても、建て替え費用は居住者の大きな負担に。特に高齢者が済むマンションは建て替えが不可能に近い現実。/
ローンが組めず資金が捻出できない高齢者も多数出てくる可能性がある。
地震等で5分の4の建て替え合意が出来るとか以前の話しかも。これって、資産バランスが悪い人が大多数と言う事なのかも。


@Toyokeizai
眺望とインテリアでマンションを選択すると後が大変。
そりゃ土地価値高くて容積率余ってれば等価交換で持ち出しなしにもなるので、「タダになった事例もある」は間違いではない。今は建築費用も高騰してるだろうからそれも影響あるだろうな。 / “ | …”
お!このマンション生まれ育った家の近く!
永山の建て替えは日本最大規模だったんかーほえー
こういう雰囲気のビル(マンション)がすき
ただ住もうとは思わないが
そこで隣接地の権利調整をして容積を化けさせて”建て替えタダ”を実現させるんですよ。
何で建て替えなきゃならないのか、ということがない記事。
容積を2倍に増やせるとかなら別だが、普通のマンションは住民が金持ちじゃないと建替は進まない

>(四谷コーポラスは)建て替えに当たって1戸当たり数千万円程度の“持ち出し”は必要になるが、住民の9割が売却せず再入居を希望している。
築年数古いマンションがリノベして結構な値段で売ってる場合があるけど近い将来こういう問題が出てくるんだよねぇ・・・
いまどきそんな都市伝説を信じている人はいないのでは。/
| 東洋経済オンライン:
マンションは建て替えるときにいろいろ罠があるのがな…
老朽マンション、建て替えタダは都市伝説だ | 週刊東洋経... (東洋経済) 築60年を超す四谷コーポラスは建て替えが決まった(記者撮影) 四ツ谷駅から徒歩5分の一等地に建つ「四谷コーポ…
以上
 

いま話題のニュース

PR