「ホウレンソウ」は、人の成長の芽を摘む | ブックス・レビュー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

──無印良品では新人でもマネキンのコーディネートができるのですか。MUJIGRAMでたった1ページの中にポイントを絞り込んでいる。「シルエットを△形か▽形にする」「使う服の色は3色以内」。基本はこの2...

ツイッターのコメント(67)

@kaigoblog 素晴らしいです。介護界でこういうことに触れる人は初見です😅
業界問わず普遍的なことですね。
ただ、実現するのはなかなか難しいですが。

・内容を常にブラッシュアップ
・常に現場の意見が反映される

参考:
@NyoVh7fiap 優秀な上司など少数だし、人のコミュ力など知れているので、結局、本質的には報連相ベースは考えものですね、となります。
(もちろん、職種による差異はあるでしょうが)
@Toyokeizai
松井忠三・良品計画   「決まったことを、決まったとおり、キチンとやる」だけで生産性は3倍になると」 決まったことをマニュアル化しないで、なぜわからないの、という新人いじめはよく見る風景
なるほど
古い記事だが、これはこれで面白いな
全部連絡されても聞かなくなるし忘れるしね
>店舗の末端のアルバイトやパートの人たちに聞いてみると、1割や2割しか伝わっていない。コミュニケーションはそんなものだと思ったほうがいい「ホウレンソウ」は、人の成長の芽を摘む良品計画会長に聞く
仕組み作りの考え方で参考になる:「 」
仕組みで全体見える化・トレーサビリティ確保・属人性緩和。
プロの専門職にこそ仕組み作りを手伝ってもらうべし。
 
PR
PR