南武線の混雑緩和へ「長編成化」は実現するか | 通勤電車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

川崎駅を起点に川崎市内を縦断し、立川へと至る約35キロメートルの路線がJR南武線だ。一躍人気の街となった武蔵小杉など人口増加の続く地域を沿線に抱えることや、JR横須賀線や東急東横線、田園都市線、小田急...

ツイッターのコメント(67)

設備投資の前に、わざわざ209系と同じ加速度に鈍足設定している233系。これをフル加速できるようにし運行密度を少しでも上げようよ!
2ページ目に、誰もが予想がつく
結論が登場。
不便なくせに混んでる嫌な電車だよな: | 経済ニュースの新基準
南武線が遅延してる。混雑率も高いし6両編成じゃあもう厳しいよね。
津田山駅の両端踏切がネックで増やせないらしい。
「Max南武」車輌がいいのか?
ないナー。
沿線の人口が急激に増えてしまったからね。もともとは工場に通う人たちのローカル線だし。これに懲りて引越してもらったほうがいい。

南武線の混雑緩和へ。
南武線の6両はいかにも短い。
どうかお願いします
 
PR
PR