「灘中高」は異次元の数学授業で秀才を育てる | 名門校の不思議な授業 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「灘1位、日比谷2位」。1968年3月、新聞の見出しに、日本中が衝撃を受けた。戦前を含めてつねに東大合格者数1位だった日比谷高校の牙城を最初に崩したのは、開成でも筑駒(筑波大附属駒場)でもない。灘だっ...

ツイッターのコメント(29)

私たちは中学校、高校で数学を習った、数学と聞くと「既にある答えにたどり着く学問」だと思ってしまいます

しかしそれは算数です

本当の数学とは大学で取り組む「解けるかどうか分からない問題に取り組む学問」です

その楽しさを知る授業が、灘高校でなされます
角の三等分は折り紙で簡単にできる。難問じゃなかったのかw
超トップ校の教育に関する記事や書籍などを読んでいると、かなりの確率で灘・河内教諭のこの「オリガミクス」のエピソードに出くわす。
たった30秒でギリシャ3大作図不可能問題の1つの証明が終わり、教室からどよめきが起こる。
→こんな感動、良いなあ✨
西岡壱誠の東洋経済オンライン記事を読んでいたら、母校の記事を発見。
実際、灘の生徒は数学お化けですね。そのせいで「自分は数学ができない」と思い込むようになってしまった。全国模試を受けてそれが間違いだと発覚するのですが(笑)
この講座受けてみたい!
--
解くのに80分かかった。そんで全く違う答えだった。
中学校の数学なんて大した中身ないから、その気になれば、3年分を1年で教えるのは別に不可能じゃない気がするw っていうか、日本のダメなところは、数学の面白い話をエリート向けにしか話さない点 日本が知的後進国たる所以
 
PR
PR