TOP > 政治・経済 > 「競技人口減」で先が見えない日本野球の現在 | 日本野球の今そこにある危機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「競技人口減」で先が見えない日本野球の現在 | 日本野球の今そこにある危機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「野球をやりたくても、できない環境になっていることに驚いた」こう言ったのは、プロ野球・埼玉西武ライオンズの炭谷銀仁朗捕手。4月20日、埼玉県所沢市の球団本社で開かれた会見でのことだ。 この日、ライオン…...

ツイッターのコメント(15)

野球人口に関する一応のエビデンスです。もちろん統計の読み方は人それぞれなので、それは解釈次第です。
#アベプラ
その野球人口ですら減少の一途です。
少年スポーツにおいては、軟式野球が支えていた面が大きいのでその衰退は他のスポーツの衰退でもあると考えられます。昔は近所の空き地や学校の校庭でクラスのリーグ戦が出来たけど今は野球をする場所もない。
中学軟式野球は将来 部員がいなくなる。どうする秋田魁?
諸悪の根源は高野連を筆頭とする旧態依然な高飛車OB・指導者筋では?
"西武球団の井上純一事業部長は「少年野球人口の減少は、少子化のペースをはるかに上回っていて、深刻だ」と指摘"
中学の男子軟式野球部員が10年で4割弱減っているというデータは衝撃的です。
散々実害とマイナスイメージ植え付けておいて増えるわけねーだろって思ったマン
うちの子供が近所の軟式野球チームで練習してるのだが年内に解散するとのこと。記事記載の正に「ライト層」だが、この層の崩壊で非常にマズいことに。
プロ野球,タバコ,正社員。昭和。いまどき,会社の人事の比喩にプロ野球を使ったりするような文化って,どの程度残ってんのかな?

「「競技人口減」で先が見えない日本野球の現在」
プロ等を目指す、コアは減ってないと何度も出てくるが果たして/
サッカーと同じように育成形のクラブチーム化
すればいいのに。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR