TOP > 政治・経済 > トヨタも勝てない「スズキ」インド戦略の要諦 | 自動車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

トヨタも勝てない「スズキ」インド戦略の要諦 | 自動車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

中国に匹敵する世界第2位、約13億人の人口を抱えるインド。経済成長著しい中で拡大しているマーケットの1つが自動車市場だ。2016年の新車販売台数は366万台(前年比7%増)とこの15年で4倍前後に増え、中国(約280…...

ツイッターのコメント(24)

世界的にはToyotaが車シェアNo.1だけど、インドではSuzukiとインド国営会社との合弁会社のMaruti Suzukiなる会社が圧倒的一位
この戦略非常に面白いですね。当社も越境ECを今年チャレンジするにあたり国を限定して取り組みたいと思います。
「インドでお客さんの話を聞いて、インド人デザイナーとモデラーと一緒に作らないとわかりません」
| 経済ニュースの新基準
インドもスズキもすげーわ★
「インドを走る車はどんな色が多いと思われるだろうか。答えは白。インドでは圧倒的だ。白はインドにおいて高貴な色とされており、また政府高官などの乗るオフィシャルカーも黒塗りならぬ、白塗り」

へー。だからパレード車も白だったんだ。
@xperia4 スズキは、インドで四輪車トップシェアのメーカーですよ。
白はインドにおいて高貴な色とされており、また政府高官などの乗るオフィシャルカーも黒塗りならぬ、白塗りだ。
それは、30年前にトヨタがやっていた売り方だから。今のトヨタにはできないわけで...:
トヨタがスズキを買うってことでまとまりつつあるのにこの記事って(汗)?
トヨタも勝てない「スズキ」インド戦略
インド市場の凄まじさ!!
マルチスズキの30年間の努力。
圧倒的強さの理由 | 自動車 - 東洋経済オンライン 、、、"現地密着"で突破。密着の方法論は様々。
世界の自動車のカギを握る存在だよ。
日本見ればわかるけど、良質の自動ブレーキを安価で提供してくれているのはスズキだけ。他社廉価車の自動ブレーキは歩行者なんて感知しない。
自動運転にしても、スズキが...
ラウンドアバウト(ロータリー)では一般車両が入り乱れるだけでなく、オートリクシャーや自転車も牛も参入し、まさにカオス状況となるし、↑
: 拡大し続けるインドの自動車市場…
今でも混沌としたインドのちから。
インドにおける乗用車のマーケットシェアはマルチスズキが47.4%と断トツのトップ。
以上
 

いま話題のニュース

PR