ファン減少続く日本野球の「超不安」な未来 | 日本野球の今そこにある危機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本野球の未来は暗い。こう言い切ってしまうと、驚く人が多いだろう。熱心なファンは、プロ野球や高校野球の人気は盤石だと感じているかもしれない。だが、実際に複数のデータから浮かぶのは、深刻な「野球離れ」…

ツイッターのコメント(61)

「2001年まで、巨人戦はほぼ全試合が地上波で中継されていたが、2005年には129試合、2010年には32試合と激減し、2015年はわずかに7試合。」
2005年でもこんなに地上波でプロ野球中継してたっけ

「ファン減少続く日本野球の『超不安』な未来」
数年後にリアルに起きることは、もっともっとネガティブだと思わざるを得ない ⇒ 

| 経済ニュースの新基準
@kugutsuX 二年前の記事だけど人気低下の具体的なデータあった
野球のスターが出来たからって野球ファンの人口が増えてるか?減ってるんだよね。こんな簡単な事も調べられないのか。。

皆は最低限必要と思ってるのよ。「即効果あり」なんて君くらいしか言ってない。
あとコンシューマー、PCゲー人口をしっかり調べてw
流石に小学生を相手にしたエビデンスは無いのかな?記事はあるけど…
「野球人気は衰えていない、むしろ高まっている」というのは、高校野球の観客動員数など、表面的な部分をみている人の考えに過ぎない。事態は深刻だ。。。
巨人戦での地上波から締め出しています。
 
PR
PR