TOP > 政治・経済 > 本能寺の変、「本当の裏切り者」は誰なのか | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

本能寺の変、「本当の裏切り者」は誰なのか | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

天正10年(1582年)3月、信長は甲斐(現在の山梨県)へ侵攻し、長年の宿敵だった武田氏を滅ぼしました。天下統一の手応えをつかみ、意気揚々と安土に帰還した信長でしたが、まもなく部下の羽柴秀吉(のちの豊...

ツイッターのコメント(48)

ケネディ暗殺事件と同じ構図があるね~容疑者が多すぎる(笑)~
「明智光秀」って名前がカッコいい。字面がいい✨
気づくレベルの黒幕はいないのでは?チャンスを演出した人はいろいろいたが。そこまで馬鹿ではない。
次の大河ドラマはどんな解釈でいくのかな。
真の黒幕は謎だが秀吉が裏切りの一人かもしくは光秀の裏切りを知っていたのは間違いないであろう(*・ω・)
黒幕が一人でなく、複数いたってことは考えられないのかなぁ。
明智光秀は教養もあり優秀な武将だったので単独であんな無謀なことをやるとは思えない。用心深い信長があんな無防備だったのも天下統一を前にして油断したんだろうな。
で、こんなのを発見。色々説があるんですね。
本能寺は寺というよりも城に近かった、か~。
私は公家説に一票。光秀は当時の教養人、公家との親和性も高い。また、武力をもたない公家ゆえに、光秀を応援できなかった。
諸説あるな~。だから歴史はおもしろい。/
バチカン入信同時契約人災人間販売日本国販売合意の国賊だから絞首刑の千利休村田織田細川内藤大村前田対応行政管理を教科書に健全管理で記載を求む!宗教原因の経済被害。第2時大戦以後国内国民大量事件被害はバテレン出島賊嫁昭和一門ファッソ原因
「地下道があった。」
「信長の遺体がない。」
・・・とか❓❓❓
「本能寺の変」はミステリーだ‼️
ちょい興味あり
ふむぅ…はよう裏切ってないって資料出て来い…
|
来たな、CM記事
朝廷、公家 黒幕犯人説、作家の佐藤優氏の座右の書である「伝説の学習参考書」 - 東洋経済オンライン
本能寺の変の真相分かったらロマンだねえ…。
なかなか面白い。
昔から秀吉真犯人説推しだなぁー
答えなしかよ
どうやら、本の宣伝のための記事のようだが、目新しいネタがまったくなく、ありきたりな記事に。…宣伝ではなくネガティブキャンペーンなのか?
確かに誰か黒幕がいたのかも知れませんね。歴史はそれよりも第2次世界大戦ぐらいからの近代史の流れをもっと知りたいなあ。。
~歴史研究は日々進化しており、歴史はたえず変化している。私たちが学生時代に習った「日本史」と、いまの「常識」は大きく異なっているケースもある。~
最近の子の歴史教科書がわたしらの時代と内容変わりすぎ
……複雑だなぁ……
プロレス界もこういうのと一緒か?→
興味深いことがいろいろ書かれている記事です。
信長生きてたら海外派兵が早まったろうなぁ、日本一国には収まらない彼
|

何か新説でも出たのかと思いきや、現状の代表的な仮説の紹介だけかよつまんねえな( ̄ω ̄;
本能寺で織田信長を護衛していたのは、150~160人ほど。一方の明智光秀は、完全武装した自らの軍勢1万3000人を率いていました。
であるか、是非に及ばず
個人的には秀吉説。大返しの手際が良すぎる。毛利が一枚噛んでたもよく言われるけどみすみす清水宗治を見捨てるわけがない。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR