TOP > 政治・経済 > 日米首脳会談で安倍首相は「罠」にハマった | トランプ大統領誕生の衝撃 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日米首脳会談で安倍首相は「罠」にハマった | トランプ大統領誕生の衝撃 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

119コメント 登録日時:2017-02-11 10:06 | 東洋経済オンラインキャッシュ

ドナルド・トランプ米大統領は型破りで突飛なことをする。予測不可能で衝動的なので、日本をはじめ、世界は注意しなくてはいけない――。もし、あなたがこう信じているならば、すでにトランプ大統領に騙されている…...

Twitterのコメント(119)

トランプ大統領は狂人を装う計算高い人物であり、安倍首相の要請事項「北朝鮮の核問題、拉致問題、関税問題」の弱みを利用して日本に高いハードルを課している。安倍首相は後戻りできない状態に陥っている。
➡️日米首脳会談で罠に嵌った
@Toyokeizai
(安倍は)米国で4500億ドル(約51兆円)規模の市場を目指す超巨大プロジェクトをとりまとめた。51兆円と言えば、日本のGDPのほぼ10分の1にあたる相当な額だ。この原資の一部としては年金の積立金をあてる案も検討されている。
「マッドマン・セオリー」に51兆円と言えば、日本のGDPのほぼ10分の1、日本の防衛費の約10倍にあたる相当な額 騙される日本 | トランプ大統領誕生の衝撃 東洋経済オンライン 2月11日
高橋 浩祐っていったい何者?よくもこれだけピント外れの事が平気で書けるものだ。罠にはまったのは安倍首相じゃなくて、安倍首相の 自家薬籠中の物となったトランプ大統領。
日本のメディアは報じないが、これが「真実」のようだ。
「トランプ」の「トラップ」は「でんでん無知無恥」の想像力なんか遙かに超えているのでしょう。「でんでん無知無恥」は「日本の活性ゴミ」だけれど「トランプ」は「単細胞国家アメリカの『切り札』」なんですから。
「私たち日本人の老後の蓄えとなる年金積立金管理運用独立行政法人の積立金をあてる案も検討されている」
予測不能なだけに、いちいち過剰反応しすぎて、足元すくわれてる。
【トランプ(と周辺)が賢いのか、日本がビビり過ぎなのか?】日米首脳会談で安倍首相は「罠」にハマった| 「ニクソン・の「マッドマン・セオリー」を信奉・予測不能で・国際規範に敬意を払わないという自らの評判を利用」
つまりはこういうこと。ナナメ上のビジネスマンだったてことだ。
米国で4500億ドル(約51兆円)規模の市場と70万人の雇用創出を目指す。安倍首相は「罠」にハマった
なるほど。レーガンではなくて実はニクソンを尊敬し、真似ていると考えると納得出来る。★ | トランプ大統領 - 東洋経済オンライン @Toyokeizai
トランプ大統領が尊敬するニクソン元大統領/
これは初耳……っていうかそれがアメリカ史上二人目になる任期途中の大統領辞任の伏線であるならそう祈りたいがたぶんそれはない
「今回の日米首脳会談前には、米国で4500億ドル(約51兆円)規模の市場と70万人の雇用創出を目指す超巨大プロジェクトをまとめた。日本のGDPのほぼ10分の1。米国ではなく低成長にあえぐ日本の地でこそ必要な施策ではないか」
最初「マッドメン(=米国の広告業界を舞台にしたドラマ)」の事かと思ったら(笑)ニクソン元大統領の話だった。興味深い記事ではあるが、真偽は不明。 >>
強面の新飼い主が意外に優しくて、嬉しさのあまり尻尾振りまくり。
「米国人投手が最初に思いっきり日本人打者にビンボールを投げ、ひるませる。そして、「次もどんなビンボールが来るかもわからない」とおじけづいた日本人打者が次々と三振をしてしまったようなものだ。」
高橋 浩祐氏の論説が実に的を得ているように思う。マスメデイアは、 高橋氏の 論説 に学び問題の真相を 追求 してほしい。
日米首脳会談で安倍首相は「罠」にハマった 「マッドマン・セオリー」に騙される日本
マッドマンの罠にハマる…か。★
マッドマン・セオリー、覚えとこ。
これを実践しているところと実は本人は何にも判ってないというのも。
強かなマッドマンに対し日本のマッドマンはなすすべがなさそうだ。
「狂気」を装い「マッドマン・セオリー」を実践する大統領も居れば、生まれながら狂気の近隣諸国も有り、変わり者相手には日本人の美徳を忘れる必要がある。
自動車の点火プラグを持ってけばよかったのにってか?wwwww
安倍ちゃんはトランプゴルフと言うレガシーを作って終わりかな・
何だかんだ言っても歴代記録残してると思うよ・
他にインパクトのある政治家居ないしね・
言論統制の共産主義に融和・妥協無し
あるのは相手を凌ぐ武力経済力をつけるまでの時間稼ぎ
「マッドマン・セオリー」に騙される日本/東洋経済オンライン
>トランプ大統領が尊敬するニクソン元大統領の「マッドマン・セオリー」(狂人理論)を実践しているにすぎない。
51兆円(日本のGDPの10分の1)をアメリカに献上する話しなんて、昨日の会見では一切報道されなかった。なぜ?【規模の市場と70万人の雇用創出  「マッドマン・セオリー」に騙される日本】
「マッドマン・セオリーに基づくトランプ政権の次なる手」  狂人を装う発言を繰り返し、結果的に自分の都合のいい利益を得る・・何も安倍の訪米直前にひとつの中国を認める発言はなかろうが、やはり日本はポチだ.
反日売国左翼系思想丸出しマスコミの朝日並の東洋経済。直球物言いで言わせて貰う「廃刊しろ!!」と言いたい。くだらんピンとズレでこんな駄文をよく書けるな。
安倍さんはよくやったと思う。唯、上手く罠に嵌められたのではないかと言う見方もある。
大丈夫安倍さんは騙されていない。ハジカム
経済紙に載る記事を書くなら、論理的な提言ぐらいは入れたらどうか?
批判だけなら誰でもできる。
相変わらずネトサポばかりだな(笑)ただアメリカに見捨てられるのが怖くて沖縄を米軍に捧げ、巨額の血税を献上する安倍を必死に擁護する自称「愛国者」。
米国の敵対国をおじけづかせて譲歩するよううまく追い込んでいる。 なぜトランプ氏はニクソン氏を尊敬するようになったのか。・・★ブラフ・ハッタリだけ政権
日本はトランプに手球に取られるだろうよ。今までと変わらんがね。--
「日本政府には、トランプ大統領の批判や挑発に踊らされることなく、「マッドマン・セオリーに基づくトランプ政権の次なる手」を見抜く眼力が必要」 正に!!
>「マッドマン・セオリー」とはいかなるものか。/国家安全保障政策やビジネスなど様々な場で用いられるゲーム理論の1つとして知られる。 / “ | 東洋経済オンラ…”
トランプはレーガンを標榜し実際はニクソン、マッドマンセオリーは正解。ただ罠に嵌ったというより安倍さんは自分からとびこんだと思う。トヨタのアドバイスだろう。問題は浮かれすぎ。中国対応もニクソンなら、日本はその時に現実を知ることになる
トークでのし上がった人やからビートたけしみたいちゃうかw良記事。
@iwakamiyasumi 外国首脳の中で、いの一番に騙された安倍氏【 ~ 「マッドマン・セオリー」に騙される日本】 (高橋浩祐氏/東洋経済)
トランプが求めるものがA、日本の手土産がBとしたら、Bを差し出せばAは勘弁してもらえるのではなく、AもBも寄越せになるだけだ。

「マッドマン・セオリー」
東洋経済オンラインの高橋 浩祐氏の記事、この程度の記事でお金をもらっているとは情けない。
東洋経済オンラインも質が落ちている。
ニクソン元大統領の「マッドマン・セオリー」を実践

「狂気」を装いながら、結果的に極めて合理的に振舞っている。駆け引きの一環として、常軌を逸した過激な言動を意図的に繰り返し、交渉相手国に要求や条件を吞ませることに成功
アメリカの犬!日本を取り戻そうとしてる 首相夫人をみならえ!
これはそうかもしれんな。
名もない評論家ジャーナリストよりは賢いからご心配なく。/
それで騙せる奴が長期政権を担えるもんかw

むしろそれで騙されてくれる奴が総理の足を引っ張ってくれると嬉しいんじゃ?
【日米首脳会談で安倍首相は「罠」にハメられた】
『マッドマン・セオリーに騙される安倍日本』
はぁ…売国奴って言葉がピッタリね。→
「米国人投手が最初に思いっきり日本人打者にビンボールを投げ、ひるませる。そして、『次もどんなビンボールが来るかもわからない』とおじけづいた日本人打者が次々と三振をしてしまったようなものだ。官民そろって次々と米国に得点を献上している」
「安倍なら騙しやすい」byトランプ。
――
してやられちゃった⁈
ロシアに騙され金だけ出し、韓国に騙され金だけ出し、今度はアメリカ。
安倍首相は、極めて異例となる大統領就任前の直接会談をニューヨークで急ぎ足に敢行。さらに今回の日米首脳会談前には、米国で4500億ドル(約51兆円)規模の市場と70万人の雇用創出を目指す超巨大プロジェクトを矢継ぎ早にとりまとめた
トランプさんが、ニクソン元大統領の駆使した「マッドマン・セオリー」信奉者、という話がとても面白いです。
そーなの?(°口°๑)
| 経済ニュースの新基準
日米首脳会談で安倍首相は「罠」にハマった


恫喝めいた発言や名指しの批判で相手をひるませ、実利を得る戦略にまんまと嵌ってる。情けない現実。日本のTV報道のお粗末さに呆れる。
これでアメリカの景気が上向けば結果日本も恩恵にあずかれと思うけど
詳細協議は同行大臣に任せるとして、ところでソフトハット被った安物の極道のボスなんとかしろ
米中電話会談で「中共尊重!」。あべ首相のアメリカ訪問にぶつける「揺さぶり商取引」・・・
見当違いな発言載せた朝日の記事違って、こっちの記事は興味深い
マッドマンセオリー...
/親友のWWEオーナーに教わり培ったものだナw🐰
あまり東洋経済なんて信用しないが
さすがにこれは日本まずい。

枝末(大学の教授)がキレてるはずww
高橋浩祐 国際ジャーナリスト(東洋経済ONLINE)
本当にそうかどうかは分からないが、「トランプの戦略に右往左往し、それにまんまと乗せられている唯一の国・日本の阿呆な安倍政権」という見方は、首肯出来る。
この記事を見る限り、いたずらにトランプ氏を狂気の人物と評価するのはあながち正解とは言えないね。
政治家としては評価に値する人物だという印象。
なるほどここまでの経過を観ると. . .その通りかも知れない。
自国第一主義!
そこは見習ってほしい。何が必要なのか…(´Д` )
ニクソンも言っていたけど、暗殺も終わったと言うメディアがいたけど、まだ分からないわな
日本大変だ!民進党はこの記事を使いそうw
| 東洋経済

野球で例えれば…おじけづいた日本人打者が次々と三振をしてしまったようなものだ。

しかしアベはアベで国益を平気で売り渡す「狂人」だからなぁ。
やはり全て演技……?ニクソン大統領のエピソードが信憑性を高める。
“マッドマン・セオリー”

正直腹が立って仕方がない
何故騙される
上っ面にごまかされたらアカンでえ
朝鮮人の子、安倍晋三。
米で4500億ドル(約51兆円)規模投資と70万人雇用創出目指す超巨大プロジェクトを約束。
51兆円とは日本のGDPの10分の1、日本防衛費約10倍。
この原資は私たち日本人の老後の蓄え年金積立金を検討している
日本の国力がまさに試されている時。以前、リニア技術を米国に全面無償提供とか言ってましたが、今回は大丈夫、かな?? うまくやって。
日米首脳会談で安倍首相は「罠」にハマった | トランプ大統領誕生の衝撃-東洋経済オンライン

〉ニクソン元米大統領が、外交交渉で重宝していた戦略
〉トランプ氏はニクソン氏を尊敬するようになったのか
会談終了後のニュースを見て違和感感じたのは、アメリカのペースに乗せられたからか... >
+


狂ったフリして相手を脅かし振り回し、最後にちょっと冷静に見せて一歩引いた地点で相手に妥協をせまる、と。確かに中国相手に台湾問題はそんな感じ。
by 高橋浩祐 @KosukeGoto2013

"騙される日本"というタイトルには?ですが、興味深い記事。
「マッドマン・セオリー」
良記事。振り回されすぎだよ、安倍さん。
20170211_03 安倍首相は「罠」にハマった    「狂気」を装いながら、結果的に極めて合理的に振舞っている。常軌を逸した過激な言動を意図的に繰り返し、交渉相手国に要求や条件を吞ませる。
確かに最初に花火を打ち上げて周囲を慌てさせる意図もありそうだが。
罠にハマるというよりも飛んで火に入る安倍の虫って感じだよねw
おもしろい切り口の記事だ。トランプ大統領が、ニクソン元大統領の「マッドマン・セオリー」を実践しているのではないかとする。

頼もしい限りだ
誰が大統領でも自分からヘイコラするからね。チョロいもんよ。アベなんて。→
成程。。。(^_^.):
-... トランプが合理的とは思えないが、要するにトランプの恫喝にびびって忠誠を誓ったてこと。
なるほどニクソンそのものだな。
安倍晋三首相はそんなトランプ大統領の「狂気な演技」に、外国首脳の中で、いの一番に騙されてしまったかもしれない。
日米首脳会談は成功だったとの見方がある一方で日本は米の権謀術数に嵌っているとの見方も
野球で例えれば、米国人投手が最初に思いっきり日本人打者にビンボールを投げ、ひるませる。そして、「次もどんなビンボールが来るかもわからない」とおじけづいた日本人打者が次々と三振をしてしまったようなものだ。
トランプの言動は予測できないとか言うのなら、それだからあーだこーだとか、新聞が予測することもおかしい。
狡猾に自国の利益を確保するのが外交である。トラップは至るところに仕掛けられている。批判だけの劣化ジャーナリストこそ国益を損なう。
論拠が弱くてほぼ推測でしかないから、安倍首相非難ありきの記事にしか見えないんだよな。こういう記事多過ぎ。
- 東洋経済
トランプ批判する人もこの程度の認識は持っておこうね→
ナルホド
日米首脳会談で安倍首相は「罠」にハマった
トランプ大統領はかなりしたたか。皆さん、だまされないで! 東洋経済オンラインへの最新の拙稿です。 Here is my latest piece in Toyo Keizai Online published today.
トランプはアホ、てのが使えなくなるとこの手の反米煽りが増えそうw
日米首脳会談で安倍首相は「罠」にハマった「マッドマン・セオリー」に騙される日本 - トランプ大統領... (東洋経済)
以上

記事本文: 日米首脳会談で安倍首相は「罠」にハマった | トランプ大統領誕生の衝撃 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事