TOP > 政治・経済 > 隈研吾も参入!建築界「屋台ブーム」の舞台裏 | 三浦展の研究ノート「街を読む、データを歩く」 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

隈研吾も参入!建築界「屋台ブーム」の舞台裏 | 三浦展の研究ノート「街を読む、データを歩く」 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

44コメント 登録日時:2017-02-14 06:39 | 東洋経済オンラインキャッシュ

今、若い建築家たちを中心として「屋台」を作るのがブームになっている。街の片隅に屋台を出して、街ゆく人に無料でコーヒーを振る舞う。そんな趣味活動をしているのが、建築ユニット“mosaki”の田中元子さんだ。…...

ツイッターのコメント(44)

三浦さんと飲んできました。
面白い。こんな連鎖が原点なはず。『 街を「人間の居場所」にするために必要なこと』 | 三浦展の研究ノート「街を読む、データを歩く」 - 東洋経済オンライン
一面的ではあるけど面白かった
店を畳むようにしまい、持ち運ぶ。ノマドショップはいま風かも
私もジョン・ファブローのchefみたいに、移動屋台でキューバサンドイッチを売り歩きたいぞ!
>建築界「屋台ブーム」の舞台裏
あの隈研吾さんも!?
“屋台”を作ることが流行っているなんて知りませんでした。(若松) 建築界「屋台ブーム」の舞台裏|
@suke18

これは小屋家のいなばも参入??笑
「屋台は「人間の都市の権利を復権させる場を獲得する有力な道具」」
坂口恭平さん @zhtsss の移動式住居にも通じる話しに思う。> 街を「人間の居場所」にするために必要なこと- 東洋経済オンライン
面白い!店を出すっていうまでコストはかからないし気軽に訪れれるし
一週間ぐらい車で走る屋台したい!

カメラと走る屋台! / (東洋経済オンライン)
うんうん。いつか屋台はつくってみたい。
@ynbr
 これくらいの身軽さ、どうですか?
「キャンプなどに使うトレーラーハウスの下の車輪と土台部分だけを買って、その上に2.4×6mの木製の箱を置いて、中をワインバーにした。店員は毎日変わる。シェフも週1回は変わる。」
湘南屋台村つくってほしいなー
神楽坂のあれ、隈研吾のものなのか…
❏ Trailer隈さんだいたい酔ってる
昔から変わらずある屋台だから、身近な存在かもしれませんね。

というより…子供の時は祭り事で、屋台の食べ物を買ってましたよね。

子供の時に経験しているので、大人になっても、屋台では購入しやすいのかな。
ソニービルの跡地や虎ノ門でやったキリンビールのイベントみたいに
、都心の用地利用にコイン駐車場と建替の中間があってもいいよね。

 三浦展
あれ、この屋台見たことあるぞ。天神の交差点のとこのやつだ。 /
多摩ニュータウンの設計した建築家が駅前に屋台を並べる構想をもっていた。>

| 三浦展の研究ノート「街を読む、データを歩く」-東洋経済オンライン
公共を取り戻す!→
屋台と言えば福岡ですよ。【 | 東洋経済オンライン】
屋台の世界がようやくマスメディアでも注目されてきました。 / “ | 経済ニュースの新基準”
三浦展さん連載、本日配信分です!

都市を人間の居場所として取り戻すためには、屋台が必要なのだそうです
東日本大震災があった直後、被災地で屋台村を展開された企業があったのですが、コミュニティの場として本当に素敵な空間になっていました。
衛生の観点から事業としては中々展開は出来ないですが、個人としてあ...
見出しと記事の主旨は違う気がするけど面白い
: 三浦 展 :社会デザイン研究者 三浦 展 Atsushi Miura…
元子さんメインのタイトルにしようよ。 "
mosaki田中元子さん登場。
隈研吾の屋台‼️
屋台というツールで街を面白くする。→三浦展の研究ノート「街を読む、データを歩く」
目の前に人が行き交っている様子が分かると落ち着くあの感覚。何も考えずにいると地面を歩けることが当たり前では無くなる未来がくるなんてことも。

話変わるけど、僕もずっとオープンで自然と人の集まるパブ...
仕事にかまけてたりで忙しいと住んでる地域で人と繋がる機会はホント少ない。屋台はこうしたコミュニケーションをスムーズに活性化させる潤滑油になりそう。/
隈研吾も参入!建築界「屋台ブーム」の舞台裏 街を「人間の居場所」にするために必要なこと | 三浦展の研究ノート「街を読む、データを歩く」 -
リアリティが欲しいんだな、みんな。 / “ | 経済ニュースの新基準”
以上

記事本文: 隈研吾も参入!建築界「屋台ブーム」の舞台裏 | 三浦展の研究ノート「街を読む、データを歩く」 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま話題の記事