ドイツには「まちづくり」という言葉などない | 街・住まい | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ドイツの10万人都市での取材・観察をとおして執筆活動を行っている私は、日本の大学・自治体などから講演を依頼されることがある。そこでよくいただくのが「ドイツのまちづくりについて」というお題だ。私は、この...

ツイッターのコメント(49)

@Toyokeizai

かなり前の記事だが…

独の都市計画は安易な住宅分譲による拡大戦略ではない

経済と環境、自治体の体力が随伴する
ドイツの特徴『歴史的・制度的に地方分権型の国で、都市がモジュール(まとまった機能をもつ部品)として発展した』
ドイツには「まちづくり」という言葉などない~

ドイツの地方都市は、都市全体の景観が秩序立っており、つねに全体像を把握したうえで、どのような取り組みが必要かを考えるという順番でできた。

日本にはこの視点が足りないかも
ドイツだからなんだいうことでもないが、とりあえず客観視することも大事。
1年以上前の記事だけど、「まちづくり」という言葉に対してずっと抱いてたもやもや感がちょっと解消された。こういうの見つけていきたいな。

| 経済ニュースの新基準
「まちづくり」と言う言葉が示しているもの
面白い。
 
PR
PR