TOP > 政治・経済 > 青学・原監督の「コミュ力」は何がスゴいのか | 「コミュ力」は鍛えられる! | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

青学・原監督の「コミュ力」は何がスゴいのか | 「コミュ力」は鍛えられる! | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

2017年、日本の新春は箱根駅伝での青山学院大学の3連覇で幕を開けた。一昔前はまったく無名の弱小集団だった青学陸上競技部が、堂々の常勝集団へと生まれ変わったわけだが、スポーツチーム躍進の陰にはつねに、卓…...

ツイッターのコメント(29)

直ぐに何かに流されたり、右へ倣えは簡単。
反面「考える力」や「セルフマネジメント」は難しいけど、生きてく力に直結すると感じた。
後で読もう。
相談と報告と質問。自分でどこまで考えてるか、がポイントですか?
相手をリラックスさせるのが本当にうまい。
今の会社にちょっとにてる◎
何かを与える指導だけではダメ。考える力をつけてもらうのがミソかぁ。
@Toyokeizai
「自分たちで目標を立てさせ、プレゼンさせ、チームで議論したうえで、自主的に管理」――そりゃ強くなる。
柔道の井上康生も同じようなこと言ってた。
自分たちで目標を立てさせ、プレゼンさせ、チームで議論したうえで、自主的に管理させる。 |
体育会系ゴリ押しの連中はこれを100万回読んで脳に刷り込んでほしい
"前例主義なんてブチ壊せ!"に共感。
上意下達の服従文化を変える。「前例がない」は考えること、工夫することをやめた人が使う言葉。いいな。
"アニメやひな壇芸人など部員に身近なネタを探し、ネタ帳に書き留めてストックしておく。「徹底的な相手目線」。これはコミュ強者の第一条件である"。すごい。一流の芸人、ホステスだ。 / “ |…”
我が身を省みて反省すること多し |
服従と独立
日本国も、日本国民も、日本特有のアメリカ服従文化を打破しなければならない。そうでなければ独立国とは言えない。


【青学・原監督の凄さは「徹底した対話」にある】 体育会系に特有の服従文化を打破 : …
| 経済ニュースの新基準
よく読む / “ | 経済ニュースの新基準”
青学・原監督の「コミュ力」は何がスゴいのか
普段、会社で五分も会話しない自分の場合、組織に混じること自体が間違ってるんだな。
青学・原監督の凄さは「徹底した対話」にある - 「コミュ力」は鍛えら... (東洋経済)
以上
 

いま話題のニュース

PR