TOP > 政治・経済 > 「愛するがゆえ」に子どもを苦しめる親の特徴 | 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「愛するがゆえ」に子どもを苦しめる親の特徴 | 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。年末年始、皆さんはどのように過ごしましたか。家族とともに楽しいひとときを過ごせた、という人がいる一方で、家族からの小…...

ツイッターのコメント(24)

これが簡潔に、わたしが親を殺したい理由だな。
任せて失敗しても受け入れる。それが信じている証。
教育とは子どもの自立。
自分の頭で考えて行動させることが教育として大切なことだと思う。
これと一緒ね■
うちの母親みたいだ。
成長過程に応じて離すべき部分と離しちゃダメな部分
子離れって大事。
・「あなたのことを思って」の一言がこんなにも苦しい
・熱心な親ほど子のすべてを把握していたい
・親も子とともに成長していかなくてはならない
まあ、うちのクソ親父がそれ、言ってわからんなら態度だ
うちは、「お好きなように」と今のところは育ててます。自分が言われて嫌なことは言わないようにしてます。どうなるかな?
うちはまさに私も親も関係修正中

"「まだまだ親のサポートが必要だ」と子どもを保護してしまうと、自己判断能力が育つのを阻害します"

お互いに依存心強くなるとか耐えられん(*'-'*)
育児は育自。私も成長していかなきゃ。
コレ、うちの親だわ。
これの行く末は「あれだけ愛してあげたんだからこれからは恩返ししなさい!」に変わるよ。おんぶに抱っこ。親の面倒見るために仕事行くのもままならなくなるから。(実体験中)
おやおや / “ | 経済ニュースの新基準”
それは成長できない親の悪あがきにすぎない│東洋経済オンライン
これは良記事。子育て中のパパママに。
「愛するがゆえ」に子どもを苦しめる親の特徴
以上
 

いま話題のニュース

PR