TOP > 政治・経済 > トランプ勝利の根因、「反知性主義」とは何か | トランプ大統領誕生の衝撃 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

トランプ勝利の根因、「反知性主義」とは何か | トランプ大統領誕生の衝撃 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

31コメント 登録日時:2016-11-29 07:32 | 東洋経済オンラインキャッシュ

――アメリカの反知性主義とはどのようなものか。アメリカには知的な生き方や知識層に対する憤りがあり、そういった生き方の価値を否定し、矮小化しようとする動きが常に存在してきた。進化論などの科学を否定する…...

Twitterのコメント(31)

簡単に言うと既得権益層(エスタブリッシュメント)側に堕する知識階級に対するアンチテーゼ。反エリート主義。ブックスマートよりストリートスマート。決して知性に著しく欠けた人物を称える、という意味ではない(笑)
>強い「反知性」によって批判され、散々鍛え抜かれているから、アメリカの「知性」は逆に非常に強く、堅牢だ。だからトランプ現象が起きても、アメリカの「知性」は揺らぐことはなく、信頼できる。(引用元記事)
【文系】トランプ現象ではなく、「反知性主義」なら出題され得る(^^)
“ | 「コミュ力」は鍛えられる! | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準”
何よりもこの記事書いた人が反知性丸出しの長文プロフィールと言うオチ。
(全然そうは見えないな。半狂乱で)しかし、こうした強い「反知性」によって批判され、鍛え抜かれているから、アメリカの「知性」は逆に非常に強く、堅牢だ / “ | 「コミュ力」は鍛えられる!…”
「心の習慣」の中核が「フェア」(公正)
自分にとって「フェア」なら、ジャスティスでなくてもいいという考え方
なるほど。行動的知能も重視される
>
確かに。>>>「強い「反知性」もなかった日本では知性の力も弱い。これは第二次大戦に入っていった流れを見ても、よくわかる。」
田村哲夫 「未知の領域」の出来事か、「歴史の必然」か? トランプ勝利の根本原因、「反知性主義」とは何か 「知能」が「知性」を打ち負かした(岡本純子 ) |
そもそもエリートってのは少数派だからエリートな訳で。
こうした強い「反知性」によって批判され、散々鍛え抜かれているから、アメリカの「知性」は逆に非常に強く、堅牢だ。...一方で、強い「反知性」もなかった日本では知性の力も弱い。これは第二次大戦に入っていった流れを見ても、よくわかる。
日本で、特に震災以降、間違って喧伝された反知性主義という言葉と内容を糺すとても良い記事です。ぜひ読みませう。
なんとなくわかる|
とても面白かったが何かが足りない。なんだろう・・?
出たー!ブサヨ馬鹿の一つ覚え「反知性主義」ww ★
トランプ勝利の根因、「反知性主義」とは何か(東洋経済) 

「一方で、強い『反知性』もなかった日本では知性の力も弱い。これは第二次大戦に入っていった流れを見ても、よくわかる」

反知性=三宅、座間宮、EM, ホメオパシーetcetc
あまり意識していなかった 知能と、知性の違い!
本屋に山のように反知性主義の本並んでて全部クズだったが、この記事きちんと説明してる…
グローバル化は正義とか臆面もなくいってるけど、例えばタックスヘイブンのような不正義もあるわけで、そういう雑な議論への反感もあるんじゃないですかね
タイトルはあおり気味だけどまとも
sbmk勢必見の記事だ/
トランプ支持は「反知性主義」というより「虚業としての管理系ホワイトカラー職への反発」と捉えるべきでは。トランプは「実業家」と見られてたが、オバマやクリントンなどの弁護士は「役に立つモノを作っているわけではない」「虚業」と見られた
この選挙の流れに影響したのが、クリントンなどの「エリート」や「知識人」、「エスタブリッシュメント」に対する反感だった。.
強い「反知性」に鍛えられていない日本の知性は弱いが、大国の原理主義と世界がどう折り合っていくのかの知恵を出していくのが日本の存在価値だと。うんうん。→
トランプ勝利の根因、「反知性主義」とは何か - 「コミュ力」は鍛えられる! [東洋経済オンライン]
以上

記事本文: トランプ勝利の根因、「反知性主義」とは何か | トランプ大統領誕生の衝撃 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事