TOP > 政治・経済 > 文章でバレまくる「永遠に二流の人」の共通点 | ムーギー・キムの「最強の働き方」 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

文章でバレまくる「永遠に二流の人」の共通点 | ムーギー・キムの「最強の働き方」 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

42コメント 登録日時:2016-11-30 06:51 | 東洋経済オンラインキャッシュ

「うわ~、字、字、字……字だらけや!!」世の中には、頭は良いし教育水準も高いのだが、いかんせん文章が超絶つまらない人がゴマンといる。いや、ジュウマン、ヒャクマン、イッセンマンはいると言ったほうが正し…...

Twitterのコメント(42)

物語作りやSNSにも共通する 。
|

”一流の文章ほど、読者にとっての「読むコスト」を低下させるための努力がなされているものだ。”を冒頭に持ってこないあたりが三流。
たまにはやるやん
思い当たる思い当たる思い当たる
>
最近上司が似たようなことを新人に言っていたな。
うーん、上手くなりたいものだ。
二流でも三流でもいいじゃん。毎日書いてりゃ一流になるかもしれないだよ。
ごめんなさい、ごめんなさい。
文章の要約は最初と最後!
これおもしろい
内容も論理性もないけれど、さも何かあるように見せかける要領ヲミニツケタ人もいる。
言語は生まれ持った能力が9割、話は以上
いいじゃないか二流で、熱い二流なら上等よ…!!
ツイートや最近書かないけど日記は気を付けてるつもり。でも誤字脱字がある(笑)
自戒を込めて言うが、本当にそうだよなぁ。ブログ特有の1行ごとに改行している文章も、見やすいのだろうが、かなりアホっぽく思えてしまう😫。
何を伝えたいのかがわかる文章にしなければ。
煽られて‥葱を背負ってのこのこと出て参りました‥三流の駄文書きでございます ( ^ω^ )
そうですね‥自分の文章を人様に読んで頂こうと思えば自分の伝えたい事をゴリゴリ押すのでは無く‥適切な比喩や...
まあそんなこと言ってるこの記事、全然読む気しなういけどね
みんなが論理的な文章を書けるものではないということをこの仕事をして痛感してる
>世の中には、頭は良いし教育水準も高いのだが、いかんせん文章が超絶つまらない人がゴマンといる。いや、ジュウマン、ヒャクマン、イッセンマンはいると言ったほうが正しいだろう。

もうこの時点でこの文章の頭が悪い。
◎【髭】/『これは文章に限らず日常会話にも通ずる?』『はたして私は・・三流?(笑;)』
なうぶら》 -
「冒頭での要約」に加えて、「結局何が言いたかったのか」を最後に念押しで端的にまとめ、細部までこだわり、読むコストを徹底的に低く!
文章でバレまくる「永遠に二流の人」の共通点
「一流の文章ほど、読者にとっての「読むコスト」を低下させるための努力がなされているものだ」
@Toyokeizai 東洋経済は見出しと中身が一致してるので好きだ。どっかのプレジデントみたいなみかけだおしと違って
文章でバレまくる「永遠に二流の人」の共通点 [東洋経済オンライン]
おはようございます!
いよいよ寒くなってきましたね。11月も今日で終わりです。
SNSで必要不可欠な文章での伝え方。なかなか面白い記事を見つけたのでシェアします。ボリューミーだけど参考になりますよ!
スクロールしないと結論が見えないメールは無視してる。
内容に論理的不整合があり、読む価値無い場合がほとんどだから。
以上

記事本文: 文章でバレまくる「永遠に二流の人」の共通点 | ムーギー・キムの「最強の働き方」 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事