集中力が続く人と続かない人の決定的な差 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

私はADD(注意欠陥障害)およびADHD(注意欠陥・多動性障害)の専門医です。これまで、医学博士としてハーバード大学で20年以上にわたって講師を務め、また、生涯を通じて集中力と生産性について研究してき...

ツイッターのコメント(39)

私今絶対これだ。忙しすぎて日々集中力の衰えと途方もない焦りを感じている・・・・。
悪い兆候だらけかも
注意散漫の解消法のヒントが得られればいいよね。
ADTの傾向らしい。
□1つのことに長い時間集中し続けられない
□気が休まらず、退屈、不満、イライラなどを感じやすくなる
□注意の先が飛び回りがちである
□考えるという活動をせず、衝動的に物事を決める
□SNS、ネットサーフィン、“電子的なクスリ”への欲求が大きい
焦りは体力を消耗するだけ。
最初は4番5番が重要かと。
はいADTです。ゴメンナサイ
 
PR
PR