TOP > 政治・経済 > 日本顔負け。アメリカの「超学歴社会」 | 日本の教育では、「本物の日本人」は生まれない | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本顔負け。アメリカの「超学歴社会」 | 日本の教育では、「本物の日本人」は生まれない | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

安倍政権は、成長戦略のひとつとして「教育改革」を掲げ、「海外でも働けるグローバル人材の育成」のために留学生の数を現在の6万人から倍の12万人にするとアピールしている。そのために今後は、奨学金を大幅に充…...

ツイッターのコメント(89)

「二つ星」「一つ星」がついた大学、たとえばタスキーギ大学、テンプル大学、オハイオ・ウェスレヤン大学
日本顔負け。アメリカの「超学歴社会」-

<日本では、どんな大学を出ようと初任給に差はない。これは、高等教育のレベルの違いを無意味化する悪しき平等主義と言えるだろう。

なるほど確かに
年々グルーバル化が進むにつれて、日本に生まれたから、
安心して日本で働けるという概念が崩れつつあるのかもしれない・・
WASP至上主義が破れたのはほんの最近か
|
ちょっと調べ物で読んでた。米の超学歴社会の背景には差別主義から実力主義への脱却があったのね…。
海外の世の中は怖い!これだけは覚えておかないと、生きてはいけない。これ自分の経験上
학력사회 미국에 관한 기고, (주: 일본어) 日本顔負け。アメリカの「超学歴社会」
@molety この記事にあるような話を実際に聞いたことがあります。 能力さえあれば誰でも採用するということはなくて、相応の大学の学位を持ってるはずという前提があるそうです。大学名-学位-分野という三つ組データが大事らしいです。
アメリカの大学の8割は日本で言うFランらしい
半年前の記事だけど、話題に出たので。
「民主主義国家ほど市民が取るに足らない存在である国はない」
アメリカの大学はテストばっかり受けさせられた印象がある。人を育てるというよりも選別することが目的だったんだろうな。階級制度を維持するためにそうなっていたのかも。/
つぶやくまでもないけど、つぶやいておこう(笑) |
4年制大学卒の平均初任給は、一流大学卒と最下位大学では約2倍の開きがある。
エリート主義でないと国際競争に勝ち残れないし。。。
20130605「 アメリカは学歴による「階級社会」の国」(東洋経済オンライン)
日本は結構丁度いい感じなんじゃね。:
日本の教育、考えさせられる!?(・_・;?
この記事の言わんとしていることはわかるけれど、日本語がちゃんとわかってないで書いているのが辛いな。「遊学」の「遊」は、「あそぶ」ではなく「故郷から遠く離れる」の意味だよ。
語学研修を「留学」だとか、日本は学歴社会と思っている学生は必読。学位を取らなきゃ留学じゃないし、世界ではどれだけ『学歴』社会かを知るべき。/アメリカの「超学歴社会」 …
学歴はどこの世界にもつきまとう。 > | - 東洋経済オンライン
"今でも本当の進学率は10%と考えられる。" これが現実だ、日本もこの点では同じだと考えられる。/ | @Toyokeizai
そのような社会を受け入れていると感じた(^^)=>
アメリカの超学歴社会の記事、結局どこが「超」なのかピンとこなかった^^;結局は実力と言ってるようだし。あとsummaが総代は語弊がある気が。PBKも優秀なら結構招待されるし。(1) (2)
こちらも読もう。
アメリカの「超学歴社会」  |

トクヴィルは、著書『アメリカにおけるデモクラシー』

「民主主義国家ほど市民が取るに足らない存在である国はない」

明言ですな!
山田 順 :ジャーナリスト

日本人はどうやって日本人になるのだろうか?...
学歴と宗教で格差がつくというから。。。日本で懐疑的になっても仕方ないか?
高等教育のインフレ化はアメリカも同じなんだな。
もっと見る (残り約39件)
 

いま話題のニュース

PR