TOP > 政治・経済 > 錦織圭「ナイス、卑怯!」で育てられた戦略脳 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

錦織圭「ナイス、卑怯!」で育てられた戦略脳 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いよいよ全英オープンテニス(ウィンブルドン)が開幕する。日本の注目は男子シングルス世界6位の錦織圭。結果はもちろんだが、注目したいのは彼がその「学習能力」をどんな形で披露してくれるか。5月に開催された…...

ツイッターのコメント(16)

柏井コーチのご冥福をお祈り致します。
いい教え方。
誠実な教育ほど身にならないものはない。
錦織はアメリカ育ちでも日本人だなと感じることのほうが多いし、まだまだおとなしいほうだと思うけれど、この有名な「ナイス卑怯」、これがあっただけでも良かったんだろうなあと思ったり
想定外Trainingを子供の頃からやってたのね♪
なかなか面白い記事!!
↓↓↓
もう少しテニスのこと勉強してから偉そうなこと言おうよ…
GSで全仏が唯一芝じゃない大会とか錦織がクレーに慣れてないとか酷い内容
あかんかったときに次の案を持っておくのと似てるかも。
- 錦織は「もっと卑怯なことがないかな?」と考えている様子が見えたww
テニスはだましあいってあるけど 卓球してても思った
勝ちにこだわるほどにえげつなくなる
えげつないプレイをできるだけの技量もいるよー

|
錦織圭「ナイス、卑怯!」で育てられた戦略脳つねに裏をかく「if then思考」の凄み - リーダーシップ... (東洋経済)
以上
 

いま話題のニュース

PR