TOP > 政治・経済 > 見城徹は「時間に遅れる人」とは付き合わない | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

見城徹は「時間に遅れる人」とは付き合わない | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

――見城さんはずっと「自分の本は、自分の会社からは出さない」と言っていました。今回、幻冬舎から『たった一人の熱狂』文庫完全版を出版することに至った経緯を教えてください。だって自分の本を出して、売れな…...

ツイッターのコメント(77)

仕事においても何においても、時間に遅れないようにしたい。

| 経済ニュースの新基準
年の瀬に見城さんで気合いを入れる。
幻冬舎と見城徹をディスる前に、パンプアップさせてんのかお前ら???という件
活躍してる人は『人さらい』だ。どんなに能力があろうが、どんなに偉かろうが人を大切にできる人間になろう。
ジブン実はそんなに見城さんのこと嫌いになれないんですよね…

>>>
会話が一本調子なので参考になります( ˘ω˘ )
「正しいか、正しくないかは後でわかる。熱狂できるなら正しいということだし、熱狂すれば正しくなるんです。」スカッとする言葉ね!
相手をエンパワメントし、信頼関係を築く一番の手段は渾身のフィードバック、これは真実だと思う /
人はなぜ五分遅れるのか。という問いと向き合い続けて24年が経ちました。
見城さんのこの文章、別に何気ないテーマなんだけどこの迫力と引き込む力よ。見習いたい。
時間に遅れないは基本でしょ /
この人の考え方はすごい好きだな。ものすごく勉強になる。
待ち合わせに遅れる道中これを見てる→
棚田団の”楽しいことは正しいこと”みたいだ。|“正しいか正しくないかは後でわかる。熱狂できるなら正しいということだし、熱狂すれば正しくなる”
>一緒にいて楽しかった、刺激になった、勇気をもらった、新しい発見があった、明日から頑張ろう、私もやるぞ
と私のブログを読んだ人にも思ってもらいたい。そんな記事かいてくぞ!おー。
“年収とか、業界の将来性がどうだとかなんて関係ない。正しいか正しくないかは後でわかる。熱狂できるなら正しいということだし、熱狂すれば正しくなる”/
見城さんの考え方、面白いし共感できる。本読んでみよう。
100対1の法則はためになる。これくらいの覚悟でやらないとダメだな。

>相手のためにありとあらゆることをやる。「そんなことは無理だ」「困難を極めるな」ということを全部するわけです。それを100...
最後の熱狂できるものに〜ってところは良い。/
めっちゃ共感。。/
正しいか、正しくないかは後でわかる。熱狂できるなら正しいということだし、熱狂すれば正しくなるんです。
仕事をするってこういうこと『人たらしになるな。「人さらいになれ」』/
「まずはしっかりとした感想を言うことです。感想こそ、人間関係の最初の一歩。感想を言わなきゃ人間関係が始まらないのに、感想を言わない人がどれだけ多いことか。」
話を面白くするためにやってはいけないこと 嘘をつくこと、誇張すること、人の秘密をばらすこと、人の悪口を言うこと、自慢すること 見城徹
わかる…ほんとこれ…

「僕と30分でも過ごした人に対しては、一緒にいて楽しかった、刺激になった、勇気をもらった、新しい発見があった、明日から頑張ろう、私もやるぞと思ってもらわないと僕は嫌なんです。」
見城さんのこの考え方好きだな〜
人の心の内にどうやって入っていくか。人をたらしこんだって、しょうがない。人(の心)をさらってなんぼなんですよ。それは、小手先じゃできません。
かっこよすぎるよ。
相手を刺激する感想を言うこと、絶対的に相手の為になることを考える、嘘つかない誇張しない、絶対に遅刻しない!
秋元で、いろんな場面で一緒に会食しているけど、彼は酒を一滴も飲まないし、二次会にも絶対来ない。何をしているかというと、オフィスに戻って企画書を書くか、プロデュースのプランを描くか、作詞をしているんです。/
感想を言うことが相手のためということがわかってなかった//
感想を伝えることの重要さはホントそう。自分のブログをツイートしてくれる人は凄く嬉しいけど、一言感想が書いてあるだけで印象がまったく違う。
1記事の中でやってはならないと自身が語る5つのうち、自慢、人の悪口という2つもバイオレーションしている

|
-話を面白くするためにやってはいけないことが5つある。嘘をつくこと、誇張すること、人の秘密をばらすこと、人の悪口を言うこと、自慢すること。
見城社長が「たった一人の熱狂」の文庫本を出版した時の記事です。応援しています。
見城さんの本今読んでるんだけど、心から尊敬する。この方も物事の本質を的確に言うから大好き。私も遅刻する人は嫌い
見城さんの本読んでから大好きになりました。 /
良い記事だ
直接お会いしてお話しさせていただけたこと。ただただ感動。圧倒的努力の方。
僕と30分でも過ごした人に対しては、見城さんと一緒にいて楽しかった、刺激になった、勇気をもらった、新しい発見があった、明日から頑張ろう、私もやるぞと思ってもらわないと僕は嫌なんです。 / 見城徹は「時間...
"正しいか、正しくないかは後でわかる”この方が言うと重みがある。結局”正しいこと”なんてないんだからやりたいことをやりたいようにやるしかないような、、、*
タイトル以上に濃い内容だった。 /
正直「ストイック」のレベルが違いすぎますね。そして、秋元さんも含めて「まだまだもっとできる」と思われている。直接お会いしたことはありませんが、自分も頑張ろうと思います。 / 見城徹は「時間に遅れる人」と...
「僕は、本当にいろいろな頼みごとをされるんですよ。子どもをどこどこの学校に入れてくれ、[…]という話も多い。」
幻冬舎社長の見城徹インタビュー記事。おもしろい!「人の心をさらう」「熱狂すれば正しくなる」「時間に遅れる人」とは付き合わない
常に感想を伝えるようにする。それが人間関係の第一歩/
「年収がどうだとか、業界の将来性がどうだとかなんて関係ない。正しいか、正しくないかは後でわかる。熱狂できるなら正しいということだし、熱狂すれば正しくなるんです。」
意外と共感(笑)
“自分がやっていることが、世間の評価として正しいのか、間違っているのか、そんなことは考えずに、自分が好きなことに熱狂すればいい”

“正しいか、正しくないかは後でわかる。熱狂できるなら正しいということだし、熱狂すれば正しくなる”
もっと見る (残り約27件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR