TOP > ネタ・話題 > 東京都はオリンピックの開催を中止できない。契約書上、中止できるのはIOCだけ(開催都市契約2020より) - 斗比主閲子の姑日記

東京都はオリンピックの開催を中止できない。契約書上、中止できるのはIOCだけ(開催都市契約2020より) - 斗比主閲子の姑日記

私は契約書を読むのが好きなんですが、今の今まで東京都で今年開催されるオリンピックの契約書を読んでいないことに気付きました。 IOCと開催都市である東京都は何か契約書を結んでいるだろうと、「IOC オリ...

ツイッターのコメント(27)

やはり、日本(と東京)はオリンピック中止を言わない理由があったか。
@Polaris_sky 契約書上、中止決定出来るのがIOCのみとなっているようです。

以下引用。

中止を含む解除の権利は、契約当事者である開催国の東京都と日本オリンピック委員会には付与されていません。だから、オリンピックの中止をできるのはIOCだけとなります。
そもそも日本に決定権が無いのに、「日本が先に大会中止を言い出すとIOCに責任を取らされるから言えない」って奴は一体何をソースに言ってんだ?
やっとやっぱり出てきた話。 |
なるほど。。交渉はできると思うので、早めに交渉仕掛けるのが良さそうです。
なるほど。とはいえこちらの見解伝えて交渉しかけたりとかはできるでしょうからね。個人的には早めの決断がいろんな意味で良い気がしてます。
なるほど、契約書は読んだ事無かったから、これは興味深い。
---
記事の内容については分からんっちゃけど
猪瀬知事のサインちかっぱカッコいい!!
»
なんか楽しいことになってるやんwwwIOC中止言え!!!!!
良記事
追記:開催日程の決定権もIOCが保有
契約的にオリンピック中止決定権は…
この方みたいに調べるのが好きな人は偉いなーを
東京都はオリンピックの開催を中止できない。契約書を読めばわかるそうです。(読むのは結構な忍耐力とか知識とか語彙力とか必要になりますが)
「開催日程の決定権もIOCが保有」
つまり、今わかっているのは延期も含めた決定権はIOCにあり、新型コロナの影響でのチケット払い戻しは不要ということか>
なるほど

- 斗比主閲子の姑日記
そもそも日本側に中止の権利がなかったのか。
【東京都はオリンピックの開催を中止できない。契約書上、中止できるのはIOCだけ(開催都市契約2020より)】
どうして日本は中止を求めないのか…というか、契約上のそもそも論、てのも一因かな?
-
オリンピック中止にして欲しい人は読め
日本が中止を決めたら違約金を取られることなんていうのはそもそもずっと前から既知の事項だと思うのだが,はてな界隈はそんなことも知らないで中止中止言ってる連中が多いようだ。/東京都はオリンピックの開催を中止できない。契約書上、中止できるのはIOCだけ
日程変更もだって

…うーん、この
あー、やはりそうなのね。この手の契約では"片方が一方的な権限を持つように契約書の文言を仕込む"のは、お互い当然だもんな。
『 』
東京都はオリンピックの開催を中止できない。契約書上、中止できるのはIOCだけ(開催都市契約2020より)
中止って言い出した方がお金を出さないといけないからお互い言うのを待ってるってブコメを見て納得したし結婚式かよって思った
解除権ないから、中止したら債務不履行になって損害賠償請求されかねないとかか🧐
なるほど。IOCが中止を決定すれば4年に一度の収入源(テレビでの放映権料)を自ら放棄する事になる。だからこの緊急事態に置いても未だに中止を決定出来ないでいるのか。理由は金!もう一生オリンピックは見ない。
契約書では解除(中止)の権利を持つのはIOCだけ。国も特措法で中止の要請しかできない。IOCはどうするんだろう?/
- 斗比…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR