TOP > ネタ・話題 > 「外資IT営業」という現代の傭兵稼業のすゝめ - 辺境系キャリアのレシピ ~新卒即無職→海外就職→スペインMBA→?~

「外資IT営業」という現代の傭兵稼業のすゝめ - 辺境系キャリアのレシピ ~新卒即無職→海外就職→スペインMBA→?~

僕が27歳で『外資IT』と呼ばれる業界に入ってからおよそ10年が経過した。昨年2月に、今の職場への入社を決めたときのブログを読んでくださった方もいるのではないかと思う。 tomyuo.hatenabl...

ツイッターのコメント(21)

かなり丸められた文章だなという感覚
本社と海外拠点(例えば東京事業所)とが対等な関係で結ばれている企業(BartlettとGhoshalのIRフレームワークでいうところのトランスナショナルな組織)は割と世の中にある。
わからなくも無いけど、少なくとも G では 8割はないかも。しらんけど
"Google, Apple, Facebook, Amazon, Microsoftの日本法人社員の8割が営業職”

そうだっけ?全然そんなイメージないです。

※AppleとFacebookは存じ上げませんが。
うちの東京のEngやその他T/O ladderとか、はたまた密林のEng/AWSやMSDが完全に無視されてて気の毒になった
昔から日本法人がある大手外資ITベンダーはサービスビジネス(人月ビジネス)で稼いでいるので当てはまらなそう。Tableauみたいな比較的新しくて、かつソフトウェアが商材の会社の場合、日本法人でまず必要なのは営業やビジネス開発なのは確か。
ほうほう、そうなのか。
本文読んでないけど傭兵ピエール懐かしいにゃんねぇという感想
外資ITだけに限らず、日系のBtoB営業も、業界を越えて通用する再現性のあるスキルだと思うよ。営業はポータブルなスキルであるという認識がもっと浸透すべきだね。日本では営業を下に見ている人が多すぎるから。個人的には、営業ができる人間が誰よりも偉いと思ってるよ。
経験者としてこれは当たっている。外資IT営業はつぶしがきくキャリア。
面白かった。
SEって言っても社内的な大枠のロールはSales Repですし。
技術寄りの営業って理解で間違いないです。

製品への愛着有無は会社規模と取扱製品数で変わってくるけど、SEの方が製品愛強めなのはどの会社でも似た傾向かも。

早くリタイアしたい人にもおすすめの仕事だと思います。技術要素を含む仕事もあるのでSE崩れにもおすすめ。 |
よくわかる。だいたい数年おき名刺の会社名変わってる。
年収を上げるなら外資IT営業はまず最初に検討する価値がある。/
面白そう!最後の職種こういうのでも良いな。
くいっぱぐれ覚悟で闘い続ける日々も遣り甲斐ありそうだ
あんまり深く考えずに今の会社に転職したけど、本国ほぼ関係なく開発してるうちはレアなのか
自己実現の迷路に迷った人は、大体他人のビズリィチを目指す!
「外資ITの8割は営業」「日本法人というより日本営業所」身も蓋もない(笑)

/
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR