TOP > ネタ・話題 > 『本が読まれてしまう』という異常事態 ~ 積読と死蔵の微妙な関係 - Togetter

『本が読まれてしまう』という異常事態 ~ 積読と死蔵の微妙な関係 - Togetter

73コメント 2016-02-22 02:56 | Togetterキャッシュ

まとめたつぶやきの順序は恣意的なものであり、実際の時系列ないし談話進行に即したものではありません...

ツイッターのコメント(73)

定期放流
- Togetter
ちょっと古いまとめだけど。
.@kvasskvass さんの ~ 積読と死蔵の微妙な関係」 をお気に入りにしました。
まとめ 積読は死蔵と違っていつか読む気持ちだけはあるから
自分は一割ぐらいは読んでるかも .@kvasskvass さんの ~ 積読と死蔵の微妙な関係」
@gomola707 積ん読を正当化する素敵な言い訳がこちらにw
まとめ 書籍フェチで活字中毒の知識オタクなのでせっかく買った本を言い訳してまで読まないことがまったく理解できない。
まとめ
積読に対する免罪符だ……。
まだ読んでない本がこんなにあるんだと思うと幸せな気持ちになります(強がり) .@kvasskvass さんの ~ 積読と死蔵の微妙な関係」をお気に入りにしました。
冒頭の2ツイート激しく同意。買ってすぐ読み切る本と、積ん読状態からふと読み始める本がある >
まとめ
最近は置き場所との闘いになってるから買う本は厳選してるんだがな…
積ん読の本群はプライベート図書館としてドヤるもの、という感じなんだろうけど、多分それパブリック図書館でも代替できるよね /
まとめ
調査部中央図書館のことですか
絶版になってからじゃ遅い、と言うことを知ってから割と買う頻度は増えた気がする。 /
読みたいから買う、買ったが読まない。構わない、買うことに意味があるのだ。 /
まとめ
面白い……積読できるくらいの懐を持ちたいと思う。持てないうちは図書館をありがたく使わせてもらお。
まとめ 出来る物なら個人で図書館を持ちたい。
人文科学の研究者で蔵書の半分以上を読んだ人は、ほとんどいないと思う。(除斜め読み) /
わたしのばあいは興味あるテーマを漁ったら、もう後からそのときの熱量をとりもどすことはできないので、もう死蔵しても意味ない。 /
まとめ
まずは土地の確保から
読んでいて、積読となるか死蔵となるかは、その時々の「本」あるいは「読書」へのスタンスの違いにもよるんじゃないかと思った。 /
本は出会ったときに買わないと、意外と手に入らなくなるからパッと買っちゃうのがいいと思うのよね。積ん読の言い訳ですけども。
皆のコメント読んでて、積読分の売上があるから出版ビジネスは成り立っているんだということがよく分かった。(という自分もかなり積読率高い) / - Togetter…”
まとめ

深い話
守備範囲の本は4時間もあれば読み終わる。これがゲームになると何十時間になる上に、俗っぽいので罪悪感がやばい。あと最前線の時にやらないと感動が腐って味が落ちる 本が読まれてしまうという異常事態(略)をお気に入りしました
「個人的にめっちゃ期待してるのでもったいなくて読めない本」が1冊以上キープされてると落ち着くよね /
母親に持ってる本全部読んでるのって恐ろしい質問されたことがあるw /
これはすごく良く分かる。自分が蔵書を把握できているうちはダメなんだよな。 .@kvasskvass さんの ~ 積読と死蔵の微妙な関係」をお気に入りにしました。
「積ん読しとかないと、いざという時読めません」を心に刻んで今日も読まない本をあまぞんろうと思う /
まとめ
実家が片付かないのは8割がた大量の本のせいだと思っているが、いっそのことそれもありなのかも。
いろいろ申し訳ない… .@kvasskvass さんの ~ 積読と死蔵の微妙な関係」をお気に入りにしました。
本、特に古本は一期一会で逆に電子書籍は手に入れた後理不尽なかたちで手元から消える可能性がある、と考えるとまさに真逆の存在。 /
まとめ
私の本棚はBLコレクション陳列棚( ;∀;)
もしかしたら未開封で置いてるだけのCDにも価値があるのかもね…
「書棚の本というのは部屋の主人が把握できない量になったときに始めて創造力の源泉となるから。」
既知と未知の境界に、本というアイコンで存在させる感じ。この境界の世界は不安定でしかも面白い。/
自分が持ってるような本は売ってもほとんど値がつかないとわかってからは、捨てることに何の躊躇もなくなった。引っ越しの前後でまた1000冊くらいは捨てました。読まない本よりQOLのほうが大事。 / “『本が読まれてしまう』という異常…”
積ん読について、考えたこともない角度から議論してた
「世界は誰も読まないすてきな本に満ちている」
「誰かに読まれる本というのは何かの異常事態なのかも」
奥が深い。/
まとめ
kindleも合わせると俺も把握できないや
良い本というのは読まずに積んでおくだけでも立ち上るオーラの効果で充足感と想像力を刺激する効果があるw:
「積読」空間は深遠なり… .@kvasskvass さんの ~ 積読と死蔵の微妙な関係」をお気に入りにしました。
まとめ

とりあえず買っとかないとすぐ絶版になっちゃうからねえ。
電子書籍は物理的に本が見えないから積読し放題パラダイス! /
まとめ
俺は積読にすると部屋の居場所がなくなるので図書館の徹底活用にしたね
積読はあまりよくない
自宅の書庫に間違いなく存在するのだが、捜索が大変なのと、絶対に探し出せない自信があるので、新たにAmazonに注文して持ってきてもらうのが正解。  ~ 積読と死蔵の微妙な関係
統一基準が必要な話じゃないなw /
本棚は昔は読んだ本のうち気に入ったものを飾る場所だと思ってたんだけど違うんだよねえ
まとめ

空間量問題。温度湿度の環境問題。太陽光問題。埃問題。
orz
「読まれない」ことより「いつでも読むことができる」ことに価値がある。これは知の貯蓄であって散財ではないのだ(グルグル目 /
CDでこういう議論はあんまり聞かないなぁ。基本自分は買って聴いてないCDは3%以下。
音楽媒体って持つことに意味を見出すのは虚しいように感じるのは自分だけ??聴いてなんぼというか
まとめ
なんか面白い
[欹耳袋]Togetter - ~ 積読と死蔵の微妙な関係」 ※読まれないままの本たちにも存在意義は確かにある.手の届くそこにあることが大事.
「把握できないほどの本が積まれてからが一人前や!」的な。積ん読の言い訳として素晴らしい。よし積むぞ!増やすぞ!/ - Togetter
積んでるのではない。自然に堆積していくのだ。
なかなか興味深い。 .@kvasskvass さんの ~ 積読と死蔵の微妙な関係」をお気に入りにしました。
買って所有してない本でも本は本だから。積ん読・死蔵は読む読まない以前に所有しているかどうかの経済活動の問題でしかないので、わりとどうでもいい。 / - …”
まとめ togetter_jpより
まとめ

読む本が無くならないように何冊か傾向の違う本を積ん読してあるんだけど、ぶっちゃけたくさん置いとくスペースが無いな。一般住宅じゃ無理。
ふむ…積ん読おじさんへの道ははるか遠い
まとめ
専門性の高い本はほっとくとすぐ絶版品切れになってしまうから囲っとかなきゃいけないんだよ。積読は仕方ない。
まとめ 私も結構積んでいるなぁ。表紙とタイトルに惹かれて満足してしまうと言うか。
まとめ たまたま新宿駅催事場でやってた古本市で、昭和30~40年代出版の赤報隊の資料を見つけて遠路帰ったことがある。古本屋から救出の言はよくわかる
~ 積読と死蔵の微妙な関係」をお気に入りにしました。
自分を肯定してくれる言葉が……
まとめ 電子書籍は頻繁にバーゲンセールやってるから読んでないのが結構たまってるw
まとめ 誰もが心の中に積ん読棚を持っている。現実の積ん読棚はそれを具現化しているだけなのだ。
~ 積ん読と死蔵の微妙な関係」をトゥギャりました。
以上
 

いま話題のニュース

PR