シンポジウム「近代日本の偽史言説 その生成・機能・受容」まとめ - Togetter

25コメント 2015-11-09 00:12 Togetter

2015年11月7日、8日に立教大学にて開催されたシンポジウム「近代日本の偽史言説 その生成・機能・受容」をめぐってなされたツイートの一部をまとめたものです。「本シンポジウムでは、…アカデミックな..

ツイッターのコメント(25)

@chikuzen_1982 五年前にとあるシンポジウムで話題になって、参加者がその内容をツイートしているんですが、とてもおもしろいですよ
シオン議定書はやはり日本でも出回っていたのかー - Togetter
面白い〜...本買おうかなぁ...
新刊図書の紹介です。
『近代日本の偽史言説〜歴史語りのインテレクチュアル・ヒストリー』
小澤実編 勉誠出版
二年ほど前、立教大学で行われたシンポジウム「近代日本の偽史言説〜その生成・機能・受容」をベースにした一冊。
まとめサイト
椿井文書については知らなんだ。 .@kunisakamoto さんの「 その生成・機能・受容」まとめ」をお気に入りにしました。
まとめ
椿井文書すごいおもしろそうやんけ
本書のベースとなったシンポのまとめサイト。
なんと公式ページに「まとめサイト  」とあってtogetterのリンクが貼られている。馬部隆弘「偽文書「椿井文書」が受容される理由」、三ツ松誠「神代文字と平田国学」など収録。
>> - Togetterまとめ  これですレジュメ読んでるだけでもうすごいワクワクゾワゾワ
あとでよむ .@kunisakamoto さんの「 その生成・機能・受容」まとめ」をお気に入りにしました。
 
PR
PR