TOP > ネタ・話題 > 翻訳家「翻訳家の年収120万円時代が現実のものになっているとは。専業の出版翻訳家が存在できる時代は、終わったね。」 - Togetter

翻訳家「翻訳家の年収120万円時代が現実のものになっているとは。専業の出版翻訳家が存在できる時代は、終わったね。」 - Togetter

94コメント 2015-10-21 05:21 | Togetterキャッシュ

何もかにもがブラック化著しく...

ツイッターのコメント(94)

うーむ。3年前のスレッドだが、その後どうなってるのかな〜〜?
で、翻訳小説云々検索してたら、こんなまとめを見て暗い気分になったのでした/
@albiniumm 正確には前は食えた、んやろね。
校正も似たようなもの。出版分野は翻訳でも校正でも厳しい……(いろいろ考えちゃうな-……ため息) / - Tog…”
本が売れない。海外SFが下火。翻訳業界全般がデフレと原因は多層的。>
寡作の印象のある村上春樹。翻訳も行っているのが信じられない位実際はすごく多作。
//
初刷り3000部っていうのが出版業界の慣例だと思っていたが、600冊位だとすると、ますます、『気になる書籍は見掛けた時に買え。』という鉄則が本当らしい。

「翻訳家の年収120万円時代が現実のものになっているとは。 ・・・」
産業翻訳も、単価がぐっと下がっている。安い翻訳料では、それなりの品質になるが、英語の品質を見極められる人が少ない

◆翻訳家「翻訳家の年収120万円時代が現実のものになっているとは。専業の出版翻訳家が存在できる時代は、終わったね。
まとめ
時代が変わったってことやな。
読んでる。:
終わらせてはならないと思うのですが。
日本語版が欲しい本はたくさんある。 .@metoro_2954 さんの「翻訳家「翻訳家の年収120万円時代が現実のものになっているとは。専業の出版翻訳家が存在できる時代は、終わったね。」」をお気に入りにしました。
出版物以外での需要は増えても、単価は下がっていそうだしなあ。
娯楽が多角化して、更に日本全体が貧しくなって、企業は内部保留に勤しむから豊かになることはやりにくいんだよ。
なんと厳しい…。
海外SFを原書で読むの、超難しくて挫折してばっかりだったわ…
>滅多に本を読まなくなった僕がリツィートするのもナンだけど

togetter_jpより
結びに「世界の流れからどんどん置いてかれる」とあるが、海外ですら斜陽のSF界基準で話されても感。webじゃ昔から杉田玄白プロジェクトなどガンガン翻訳されてるのに。|翻訳家「翻訳家の年収120万円時代が現実のものになっているとは。(略
まとめ

私が買うのは翻訳物がもっぱらなんだけど、翻訳者の方って、そんな状況なのか・・・
Mission to Minervaが訳されない訳だ…

-
外国語文書を翻訳要約してくれるサービスにチャンス到来といった感じか。でも技術書は要約できないな。 / - To…”
まとめ |げ。マジで。翻訳された本しか読めないからすごく困る。
実態を一切顧みない感想だけど、昔の翻訳って専門知識を必要としないようなちょっとした物でも東大出とかがやってて、インテリの仕事だったイメージがある
まとめ togetter_jpより
文筆業はもうほとんど食べていけない…
まとめ togetter_jpより
近代日本の文化構造だもんな、翻訳。どうなるのかな。
日本人に英語は必要無いと叫ぶ人のどれだけが、こういったリスク認識しているか気になる / - Togetterま…”
…翻訳家はその内機械翻訳の校正みたいな事になるのかもしれないね。音声の自動翻訳進んできているし。 / - To…”
もうすぐ4万view ! ところで、まとめ主が書いている「何もかにもがブラック化著しく」には異論あり。出版社が阿漕な商売しているわけじゃない>「翻訳家の年収120万円時代が現実のものになっているとは」 -
現実の翻訳家よりよつばと!のとーちゃんの生活が心配されている… / - Togetterまとめ”
古沢さんクラスでこんな状況とは。ただただ驚愕。 / - Togetterまとめ”
ごく一般的な翻訳文庫印税1冊100〜120万円の時代(4半世紀以上前)なら、年に4冊出せば、普通に暮らしていけたのだけど、今は1冊30~50万円 -
まあこれSFとかの人が語ってるみたいだけど俺の大好物の歴史書はどうなるのかな。それこそ兼業で訳すようなものか。
翻訳家「翻訳家の年収120万円時代が現実のものになっているとは。専業の出版翻訳家が存在できる時代は、終わった。」+-+ togetter_jpより
まとめ SF以外だとどうなんだろう
もっと本を読まないと、ね。
まとめ
この波が遠くないうちに技術書にも押し寄せて来るはずなんだよね。そうなるとダイレクトに日本人エンジニアの技術力に影響する。/「翻訳家の年収120万円時代が現実のものになっているとは。専業の出版翻訳家が存在できる時代は、終わったね。」
まとめ 政策藝術的にクールジャパンだから国産品ばかり広告代理店に有名にされるのが一番の理由
翻訳家も厳しい時代だ。出版という既存の商業が大きな転換に直面していることを日に日に感じます。
まとめ
こんなひどい有様だったんだ。いつか有志がやった闇翻訳が出回る時代が来るかもしれん
うわあorz .@metoro_2954 さんの「翻訳家「翻訳家の年収120万円時代が現実のものになっているとは。専業の出版翻訳家が存在できる時代は、終わったね。」」をお気に入りにしました。
闇すぎる:
リアルだ…こじんてきには英語をもっと
読めるようにならんと…/ togetter_jpより
もっと見る (残り約44件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR