TOP > ネタ・話題 > #これが大学教員のしごとだったなんて大賞 のまとめ - Togetter

#これが大学教員のしごとだったなんて大賞 のまとめ - Togetter

54コメント 登録日時:2015-04-23 13:14 | Togetterキャッシュ

これが大学教員の真の姿だ!...

Twitterのコメント(54)

- Togetter

はい、いつものね
こんなのあったんだ…後でゆっくり読んでみよう
ここに書いてあることはほぼ雑務と言って良さそうだ
今の大学教員は昔と違うのだ。古いノートを前でぼそぼそ読むだけの講義なんてもはや絶滅しているし。//
実験棟まわりの草刈りをしました。 .@toritorix さんの「のまとめ」をお気に入りにしました。
もう何かとつらい。 /
泣き笑い大賞
想像を上回ってた。.@toritorix さんの「のまとめ」をお気に入りにしました。
これを読んでると、自分の大学時代は平和だったんだねえと思う。
toritorix さんの「のまとめ」をお気に入りにしました。
この中で何個かやったことあるぞ…。通常業務と思ってた。慣れは恐ろしい。。
興味深かった 意外と雑務多いのね
笑えん笑えん、全然笑えん。いや、逆に笑い飛ばすしかないって気持ちもあったりね…/
オヤジの体験だが、警察から「おたくの大学の学生だと思われる水死体が上がったので確認に来てくれ」という連絡が来て、他県在住の親御さんに連絡つけて一緒に確認に行くという仕事もあったそうよ。 / “…”
こういう現状で、どうして研究ができようというのか。
のに、政府は、研究時間増やせとのたまう。一日が24時間であることを知らないらしい。
全大学教員が泣いた…

「のまとめ」をお気に入りにしました。
あるあるネタで笑えなくもないが、一方でみんな大学院生じゃないんだから普通に仕事しようよとも思います。教育機関で仕事してんだぜ。
学内学習支援システムm○n○b○の周知とチュートリアル
お疲れ様です‥‥。 > これが大学教員のしごとだったなんて大賞
これ読むと、国立はまだまだ恵まれてるのかな?/
教員の仕事じゃないようなことをやらなければならないのは、職員数を削減したからでは・・(如何略)『 - Togetter: 』
で、真の大賞はどれなのか…
最近こっち系の気づきが多い… /
うちの大学どうなんだろう?ジェイコブソンがリレーとかしてたら、しに笑うと思うし。
けっこう経験したかも。 “@hane_fuwa2:
なんともいえねぇ…”
なんともいえねぇ…
世間のイメージする大学教員の仕事と違うところがあるのです。 - のまとめ|
研究は、夜と休日が勝負のブラック産業…
まあでも牧歌的といえば牧歌的なものが多いような。 / “- Togetterまとめ”
[欹耳袋]Togetter -「 のまとめ」 ※大学ごとに仕事の環境はちがう.常勤・非常勤でも別々.連携大学院とか客員教員なんて “分散” が大きすぎる.
後で読む。私大と国立大とでは先生と職員の待遇が全く違っててなかなか。
読んでて「これ自分?」と思うもの多数...orz ->
意外とリアルにやったことがあるものが多い。

これが大学教員のしごとだったなんて大賞
大爆笑っ!!
それ職員の仕事じゃね?っていうのをやっていらっしゃる先生方って多いのね。
情報システムの政府調達のための仕様書策定
思ったよりこのネタバズってるなーと思って開いたら自分がオチだった件
情報系学科や情報系センターの国立大学教員にとっては大賞は「政府調達(国際競争入札)」じゃないかな。RFP、仕様作成、技術審査、検収…大変辛いのです…
これは面白い!
ぬるいな……(´・ω・`)
まとめを更新しました。「のまとめ」
大学の先生も大変→
オープンキャンパス用のお土産の袋づめは着任初年度の衝撃。
配布用の学部/学類オリジナルグッズ制作は楽しい。
これ、大学に限らず、「学校」「教育機関」と呼ばれるところには殆ど当てはまりそう。
書いた先生の経歴を見ればどこの大学での事例か分かるとか言いませんよ! @dlit まとめができてた/「いくつかネタあるけどとてもじゃないがここでは言えない」 / “”
まとめができてた/「いくつかネタあるけどとてもじゃないがここでは言えない」 / “- Togetterまとめ”
院とはまた違う?
こんな楽しそうな流れがあったのか。まああれこれ書けないけどさ→これが大学教員のしごとだったなんて大賞
-
いろいろあるのですよねぇ
-
地獄みたいなアホっぷりだ...
こんな仕事振るなよ
以上

記事本文: #これが大学教員のしごとだったなんて大賞 のまとめ - Togetter

関連記事