TOP > ネタ・話題 > 萩原 出羽守 佐知子(hugujo)さんによる、地図が読める人と読めない人の空間認識のはなし - Togetter

萩原 出羽守 佐知子(hugujo)さんによる、地図が読める人と読めない人の空間認識のはなし - Togetter

17コメント 2014-08-30 13:02 | Togetterキャッシュ

まとめました。 更新日:10月6日11時16分...

ツイッターのコメント(17)

地図が読めない人のマインドはこちらの話が理解しやすいかも: - Togetter
面白かった
これ地図じゃなくても人の話覚えてるとかにも関係してそう
このまとめの一番最初の図で私は上、旦那は下とで違う認識をしてるようです。|
まとめ  まじこれ
あ、これだこれだ
いまさっき読んだんだけど、面白かった→
まとめ  ふむぅ。
このイメージ、ちょっと今考えていることにはまるので、面白かった。||
まとめ
地図はノースアップでお願いします。
自分は地図が読めるのか読めないのか自分でよくわかってないから、どっちの人にも道を教えるのが下手。
「 佐知子(hugujo)さんによる、地図が読める人と読めない人の空間認識のはなし」をお気に入りにしました。
今の父は見えてるこれをたどっていけば…の世界。ヘンゼルとグレーテルのパンみたいに。いずれは…そうなるのかな。
←空間認識の違いもあるかもだけど、「地図が苦手」とか「すごい方向音痴」という友人知人と話すと、今、自分がどこにいるかをあまり意識していない人が多いことに驚く。
萩原出羽守佐知子(hugujo)さん地図が読める人と読めない人の空間認識のはなし -  連続的な2D空間把握能力が必要なのですが、地質学にはさらに3D空間把握能力が必要。地図が読めない学生が地質を学ぶのは無理。
yookud さんの「 佐知子(hugujo)さんによる、地図が読める人と読めない人の空間認識のはなし」をお気に入りに。
興味深い。そして、都市部の移動と「地図的思考/線的把握」について考えずにはおれない。ふだん電車で移動していると、地図的思考を訓練する機会は減り、街を線的に「駅の順番」で憶えはじめる。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR